tn

 人間にこびることなく、何にも縛られることなく、自由気ままな路上暮らしをエンジョイしている野良猫もいる一方で、本当は人間と一緒に家の中で暮らしたいと願っている猫もいる。

 基本的に野良猫は警戒心が強く、人になつくことはあまりない。だが、もともと誰かに飼われていた猫が何らかの事情で野良猫になってしまった猫は、家での暮らしが恋しいようだ。

 その路上暮らしの猫はずっと待っていた。

 そしてある日、しかるべき人間に的確に声をかけた。それが功を奏して、すぐに里親の手配がなされ、待望の家にたどり着いたのである。

―あわせて読みたい―

助けてください、ここ病院ですよね?人間の病院に助けを求めにやってきた妊婦猫(トルコ)
「人間さんお願い、うちの子を助けてください!」母猫の要請ではじまった子猫救出大作戦 (アメリカ)
今ココ!助けて!最後の力を振りしぼり、決死の猫かきで人間に助けを求めた子猫が無事救助される
殺処分寸前で助け出された猫、移動中の車内で見せるありったけのゴロニャ~ゴ(オーストラリア)
これぞ穴場の猫力!穴に落ちた猫を助けようとしたところ予想外の展開が!!

猫にロックオンされた地域猫の世話をしている女性

 その猫にロックオンされたのは、ニューヨークブルックリンでTNR(地域猫の去勢・避妊活動)をしているヘレンアンドリュースさんだ。ヘレンさんは、クリントン・ヒルで暮らすノラ猫の小さな群れの世話をしていた。

 ヘレンさんは、エサをやりに行くたびに、ある同じ猫が現れることに気がついた。そのタビー柄の猫に、ヘレンさんは、「グランパ・ジョー」(ジョーじいさん)と名付けた。群れの他の猫より齢をとっているように見えたのだ。

 だが、ヘレンさんは自分からジョーに近寄ることはしなかった。群れの他の猫同様、そんなことをすれば逃げていってしまうだろうと考えたのだ。


やたら人懐っこいグランパ・ジョー


 ヘレンさんは猫用の人道的な罠を仕掛け、グランパ・ジョーを生け捕りにした。活動のメインの目的である去勢手術のために、アメリカ動物虐待防止協会へ連れて行くためだ。

 ところが、ひとたび罠にかかったジョーは、他の猫たちとは全く異なる反応を示したのである。野良猫なのにとにかく友好的なのだ。

 「病院への行き帰り、ジョーはとてもおしゃべりでした。これはその猫がとても友好的であることを示しています。野良猫の場合は、授乳中のメス以外とても静かにしているものなのです」とヘレンさん。

 手術を終えて群れに戻す際にも、ジョーの行動は他の野良猫と違っていた。普通の猫は、ケージの扉が空いたとたんに、とび出して姿を消してしまう。

 しかし、ジョーの場合はその場に留まり続けた。更にヘレンさんが声をかけると返事をして寄ってきたのだ。
 その際の様子が以下のインスタグラムの2枚目の動画である。


 「なでてもらおうと寄ってきたようなので、(連れて来るのに使った)罠の中に少しエサを入れると、ジョーは真っ直ぐに戻っていきました」とヘレンさん。

 ケージに入って人間に連れ歩かれることに全く抵抗がなかったようだ。もしかしたら元飼い猫で捨てられてしまった可能性が高い。

 こんなに人懐っこいのなら里親がすぐに見つかるかもしれない。ヘレンさんはジョーを自宅に連れて帰った。

人間に愛されたかった猫、こうみえて4歳だった

 家の中を確認し、静かな部屋に落ち着いたジョー。すぐにその甘えん坊ぶりを発揮した。喉をゴロゴロ鳴らし続け、身体をすり寄せ、愛情ちょうだい欲求はとどまるところを知らないかのようだった。

 「真っ直ぐに私の膝によじ登ってきて、ビスケット作りを始めました」とヘレンさん。

 ちなみに「ビスケット作り(make biscuits)」とは、猫が両前足でふみふみする仕草を表す英語の表現だ。ビスケットの生地を捏ねるところからきている。

 ヘレンさんは再びジョーを病院に連れて行き、マイクロチップを装着し、飼い猫となるのに必要な検査を受けさせた。ジョーの健康状態は良好であった。

 また、ジョーの年齢は、見た目に反しまだ4歳だということも判明した。

 「家の外で生きるのに慣れていなかったので、身づくろいが下手だったのでしょう」とヘレンさん。


あっという間に新しい家族の元へ


 そして、ジョーを受け入れてくれる家庭はあっという間に見つかった。たった3日で里親が見つかったのである。


 「ジョーはわずか3日で、ストリートキャットからカウチポテト族になりました」とヘレンさん。また、既にいっぱしのビスケット職人でもある。

 ジョーは、新しい家で、愛情たっぷりに、豊かに幸せに暮らすのである。その名の通り、「じいちゃん」となって、いつか虹の橋へと向かう、その日まで。


written by K.Y.K. / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52269265.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

かわいすぎてとろける。犬が猫をやさしく撫でると、猫がすっと立ち上がり犬をギュっと抱きしめる
ねえ泣かないで。ボクがそばにいるよ、もう大丈夫だよ!つらい時、悲しい時、慰めてくれる動物たち
大昔から犬は人の友だった。古代ギリシャやローマの人が愛犬に捧げた9つの墓碑銘
病院は怖いので、親友のぬいぐるみをつれてきたコーギー。診察中も口にくわえて離さない。
2019年カミング!どれどれカラパイアの人気記事ランキングでも見てゴロゴロしてみるかっていうダラ見正月

―動画の紹介記事―

かわいすぎてとろける。犬が猫をやさしく撫でると、猫がすっと立ち上がり犬をギュっと抱きしめる
ねえ泣かないで。ボクがそばにいるよ、もう大丈夫だよ!つらい時、悲しい時、慰めてくれる動物たち
病院は怖いので、親友のぬいぐるみをつれてきたコーギー。診察中も口にくわえて離さない。
宇宙ヤバイ!想像を超えたブラックホールの大きさを視覚的にわかりやすく様々なものと比較した動画
今年もたくさんの「カワイイ!」をありがとう。2018年のベストペットたちパート1
「私を家に連れて行ってください」しかるべき人間に的確に声をかけた野良猫。願いが叶って家族の元へ(アメリカ)