竹下通りSeanPavonePhot/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

元日の午前0時過ぎ、東京都原宿駅近くの竹下通りを自称21歳の男が車で暴走し、8人が重軽傷を負う事件が発生。男が語ったその犯行動機に、ネットからは悲鳴が相次いでいる。

 

■「死刑制度に対する報復」

この暴走により、男性7人が重軽傷を負い、19歳の男子大学生が意識不明の重体となった。男は先月28日ごろに大阪でレンタカーを予約し、大みそかの昼過ぎに上京。

当初は、明治神宮に行こうとしていたが、規制で入れず、付近で待機していたという。また、暴走後、現場付近の店舗に灯油をまいたものと見られている。

男は調べに対し「アクセルを踏み続けた」と話し、「死刑制度に対する報復でやった」とその犯行動機を述べているとのことだ。

 

■「許せない」と怒号相次ぐ

無差別に人をはね、挙句に灯油までまいたこの男に、ツイッターからは「許せない」「身勝手すぎる」と怒号が相次いであがった。

■「怖すぎる」「危険」と悲鳴

男が語った動機に、ネットは戦慄しているようだ。『Yahoo!ニュース』には「怖すぎる」「思想が危険」などと、多くの悲鳴が寄せられた。

・死刑に対する報復って、全然関係ない人殺害しようとして何言ってんだ…

 

・怖すぎる。どうして一般人が矛先になるんだ

 

・あまりに身勝手すぎる。いかなる理由があっても、他人を無差別に巻き込むことが許されるわけない

 

・思想が危険すぎる。これだけの罪を犯したんだから、自分が死刑になるかもな

 

■死刑制度は廃止すべき?

しらべぇ編集部は全国の20代~60代の男女1,344名を対象に「死刑制度を廃止するべきだと思うか」調査を実施。その結果、「そう思う」「理解はできる」を合わせ、3割弱という結果となった。

(©ニュースサイトしらべぇ

新年を迎え、お祝いムードの人々を襲った身勝手な凶行。いかなる動機があれど、罪もない人を傷つけるという行為は決して許されるものではない。男性の意識が回復することを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→男子高校生を金属バットで殴った暴走族の少年 動機「彼女と話した」にツッコミ

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年8月31日2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

竹下通り暴走男のおぞましい犯行動機に戦慄 「怖すぎる」「危ない」と悲鳴