楽しいクリスマスの後にこのようなことが起こるとは誰が予想しただろうか。このほど米ウィスコンシン州で、クリスマスプレゼントにもらった磁石入りのおもちゃで遊んでいた4歳男児が、おもちゃの中に入っていた磁石を誤飲し、腸の一部を切除しなければならない事態に陥った。『TMJ4.com』『Inside Edition』『The Sun』などが伝えている。

ウィスコンシン州アップルトンに住むジェニファー・ホワイトさんは、クリスマス直後に息子のベック君(4歳)の体調が優れないことに気付いた。

ジェニファーさんはベック君がインフルエンザにでも罹ったのかと思っていたが、ベック君がコーヒー豆を挽いたような黒い液体を嘔吐した時、異常を察知した。すぐに夫のジェレミーさんと共にベック君を地元の病院へ連れて行くと、レントゲン検査でおもちゃの中に入っていた小さな磁石を13個も誤飲していたことが判明した。そのおもちゃクリスマスプレゼントにもらったもので、ベック君はおもちゃを2つに開けて中の磁石を取り出し飲み込んでいたようだ。ジェニファーさんは、息子のこの行為に全く気付いていなかった。

その後、ミルウォーキーの子供病院に転院したベック君は腸の一部を切除する手術を受ける羽目になった。ジェニファーさんによると、ベック君がひとつずつ飲み込んでいた磁石はお腹の中で互いに引き寄せられ、その時に腸壁に穴を開けるというダメージを与えたそうだ。現在は手術を受けて回復中とのことだが、開いた腸の穴が感染症を起こしていたために今後もしばらくは医師の監視下に置かれるという。

ベック君は自閉症を抱えており、ジェニファーさんは普段からベック君のおもちゃの扱いに対して注意を払ってきたと話す。しかし安全だと思っていたおもちゃがこのような事態を引き起こすことになるとは想像もしておらず、ショックを受けているようだ。

Amazonで販売しているこの商品のパッケージには、『赤ちゃんの年齢から適応』とあったので、安全だと信じ込んでいましたがとんでもありません。こんな事態になるとわかっていたなら、このおもちゃを処分していたことでしょう。」

その後、Amazon側はこの商品をサイトから削除したようだ。なお米国小児科学会は、幼児が容易に飲み込むことができる小さな、もしくは取り外しの簡単な磁石を使った玩具で遊ばせないことが望ましいと述べたうえで、万が一取り外しの容易な磁石を含む玩具を購入する場合は、それに含まれる磁石の数をあらかじめ数えておき、紛失した時には確認できるようにしておくことを勧めている。また同時に、そのような玩具で遊ぶ子供たちを親が注意深く監視するようにとの注意喚起も促している。

画像は『TMJ4.com 2018年12月29日付「4-year-old loses parts of his colon, intestines after swallowing magnetic toys」』『The Sun 2019年1月1日付「VOMITED BLACK LIQUID Warning as boy, 4, has part of his colon removed after swallowing 13 magnets from toy sold on Amazon」(Credit: WTMJ)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト