阿部寛主演のSPドラマ「新春ドラマ特別編 下町ロケット」(TBS系)が2日放送され、「下町ロケット」第2シリーズが完結した。視聴者が期待した”スカッとしたラスト”が用意され、SNSでは「感動した」「泣いた」の声が続々!中でも、終盤にドラマを大きく動かした吉川晃司演じる帝国重工・財前部長の決断力と信念が共感を呼び、「カッコいい!」「こんな上司の下で働きたい!」と大反響を呼んでいる。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】超レア!笑顔がかわいい財前部長(吉川晃司)オフショット!!福澤朗と「ジャストミート!」

12月23日に放送された「下町ロケット最終回主人公・佃公平(阿部)たちは帝国重工とタッグを組み、無人トラクターランドクロウ」の商品化へとこぎつけた。

だが、佃たちを敵対視するライバル社・ギアゴーストらの無人トラクターダーウィン」が一足先に発売されたことで、販売台数で大きく後れを取る格好に。ダーウィンとの一騎打ちは「特別編」へと持ち越されていた。

■ 財前部長「全責任は私が取る」

そんな最終回の放送から10日。年をまたぎ、異例ともいえる最終回直後の「特別編」が2日、放送された。

帝国重工と佃製作所は、無人トラクターに続き、無人コンバインを開発。さらに財前は、要請を受けた自治体に無人コンバインキャラバンを派遣するプロジェクトの構想を進めていた。

そんな中、殿村(立川談春)の田んぼがある新潟・燕市に台風が接近。台風が直撃する前に稲を刈り取らないと、田んぼは全滅してしまう。殿村は早めに稲刈りを始めていたが、ランドクロウを「まともに動くのかねぇ」とバカにしていた”ダーウィン派”稲本(岡田浩暉)の田んぼはまったく手付かずのまま…。

「財前さん、キャラバンをこちらによこしてくれないでしょうか」という佃の無茶な頼みを聞いた財前は、一瞬の間を置いて「わかりました」と返答。「ただちにキャラバンを燕に移動する。全責任は私が取る。すぐにかかれ」と言い放った。

キャラバンで稲本の田んぼを助けることは、帝国重工にとって1円の得にもならない。さらに、独断でキャラバン派遣を決めることは財前自身の立場をも危うくする。それでも、財前は「我々の力を必要としている人がいるんです。看過することはできません」と英断を下した。

■ 用意された感動のラストに「スカッとした!」の声

さらに、財前にはもう一つの見どころが用意されていた。

ダーウィンの構造に重大な欠陥があることが発覚。ギアゴーストの伊丹(尾上菊之助)は、佃製作所が持つ特許技術を使わせてほしいと懇願する。だが、そのためにはランドクロウ発売元である帝国重工の許可を得なければならない。

そこで再びカギを握ったのが、財前だった。

「特許使用を認めるには、帝国重工さんの承認が必要です」という佃の要請を、財前は「これは、私の仕事です」と承諾。懐に辞表を用意して社長・藤間(杉良太郎)ら帝国重工の経営陣の前に立ち、「我々は帝国重工です。世の中のために、救えるものであれば手を差し伸べる。それが、わが社が担う責任であるべきです」と訴えた。

藤間は財前の覚悟をしっかりと受け止め、「わが帝国重工は何を作っている?心だ」「財前、日本の未来のために力になってやれ」と特許使用を許可。「日本の未来を作りたい」という純粋な思いが“企業同士のせめぎ合い”に勝った瞬間だった。

企業には、厳然たる企業の論理が存在する。大企業の一員である財前にとって、信念を貫き通すことはとても難しい。だが、その壁を乗り越える困難さと爽快感こそが、池井戸潤作品の醍醐味だ。

視聴者からはSNSなどで「スカッとした!」「感動をありがとう」の声が踊ったほか、困難にひるむことなく矢面に立った財前に「財前部長、カッコいい!」「ああいう上司の元で働きたい」といった称賛の声が殺到。

Twitterでは「下町ロケット」がトレンド1位に立ち、「財前部長」もトレンド入り。「財前ロス」の声が飛び交い、今回もみごと大団円エンディングを迎えた「下町ロケット」にシリーズ続編を望む声が高まっている。(ザテレビジョン

阿部寛