辻監督もコメント発表「日本から雄星の活躍を応援しています」

 西武は3日、ポスティング申請中の菊池雄星投手がマリナーズと契約締結したと発表した。今季からシアトルを本拠地とする27歳左腕は、球団公式サイトで「このたび、シアトル・マリナーズと契約させていただいたことを本当に嬉しく思います」と喜びの声を伝えた。

 マリナーズと4年総額5600万ドル(約61億6000万円)、最大7年6600万ドル(約72億6000万円)となる変則契約を結んだ菊池は、球団公式サイトで契約を報告。「どんな時も応援してくださった日本のファンの皆さま。ポスティングを容認してくださった埼玉西武ライオンズ。9年間共に闘ったチームメイトの皆さまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と素直な気持ちを伝えると同時に、「これからは新天地での挑戦になりますが、埼玉西武ライオンズで学んだことを忘れず、活躍している姿をお見せできるように精進してまいります」と、メジャーでの活躍を約束した。

 また、辻発彦監督もコメントを発表。「チームが決まったことは大変喜ばしいことです。自分の持っている力を存分に出し、悔いの残らないようにしてがんばってもらいたい。日本から雄星の活躍を応援しています」とエールを送った。(Full-Count編集部)

マリナーズへの入団が決定した菊池雄星【写真:福谷佑介】