男子は相性が良いと感じるかどうかで「本命にするかどうか」最後のジャッジをすることが多いものです。

今回は、そのような男性心理を逆手に取って、本命彼女になるためのテクニックを5つお伝えします。

テクニック1: マメに連絡が来る

男子は1つのことに集中して爆発的な力を発揮する人も多いです。一方、そのために集中している時はどうしても他のことが後回しになりがちです。

たとえば、仕事をしっかりしてきている男子は、仕事が重要な局面になると、恋愛を後回ししがち。本命になるためには、そういう男子の特性も理解した上で、「あ。最近連絡できてないな」と男子が感じるようなタイミングで、あえてあなたから連絡をマメに入れてあげるようにしましょう。

そうすることで、男子は「あ。気づいてくれているんだ」ととても安心感を持ちます。

テクニック2: 差し入れ

男子が疲れている時にちょっとした差し入れをしてあげる、そんな優しさに男子はくらっときます。

ちょっとしたお菓子、飲み物で良いので、男子に差し入れをしてあげるようにしましょう。手作りに自信がある方は、ぜひ手作りの差し入れをしてみてください。

なお、差し入れるときに必ず労いの言葉と、男子に「ありがとう」と目を見て言えるような間を与えてあげましょう。

このタイミングを逃してしまうと、せっかくの差し入れも、「相性が良いかも!」と男子の心をくすぐるところまで効果が出ません。

テクニック3: 彼が行ってみたいところの近くに行きお土産を買ってくる

男子は自分の願いをそれとなく分かってくれる、そんな女子に本命になってほしいと感じます。

彼が行ってみたいけれど、忙しくていけない、そんなときに少し近くまでいってお土産を買ってきてあげましょう。「自分のためにそこまで行動してくれた」というところに男子は感動し、他の女子ライバルとは一線を画する存在へと近づいていきます。

男子に相性良いかもと感じてもらうためには、自分がされて嬉しいことを1つでも多くしてあげることが効果的です。

テクニック4: ごり押ししない

楽しみにしていたデートキャンセルになった場合、モテない女子は、不満を男子に伝えます。

一方、本命女子になっていくモテ女子は、自分の気持ちをごり押ししません。この1歩引けるかどうかで男子が「相性が良い」と感じるかが大きく左右されます。

男子は本命女子には、「いろいろなことが自分にも起こるけど、大きく受け止めてくれる」ことを期待するもの。

女子が本命男子に期待することは、裏返って男子が本命女子に期待することと共通していることが多いです。

テクニック5: 油断して真顔にならない

モテない女子は、男子の前で笑顔でも、真顔にすぐ戻ってしまいます。男子はその変化を見逃しません。

作り笑いだと捉えられてしまったり、普段は笑わない女子なんだと引かれてしまったり。本命になりたい男子の前では、笑顔を心がけましょう。

口角を日々あげる訓練をするのも手。いつも笑顔で接してくれる、男子はそう感じると、一緒にずっといたい、本命にしたい女子として強く意識するようになります。

おわりに

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

すぐにでもトライできそうなテクニックもあると思いますので、ぜひ気になる彼に“相性が良い”と感じさせて、本命の座を勝ち取って下さいね

(お坊さん恋愛コーチ さとちゃん/ライター

(愛カツ編集部)

iStock-486894845 (1)