中国のスマホメーカーOppoが光学10倍ハイブリッドズーム技術を開発している。10倍ハイブリッドズームに関しては、Huaweiも開発を計画しているが、いまのところ同社が販売するスマホに搭載されているのは、光学5倍ズームまでだ。

Oppoが新しいカメラ技術を開発していることについては、特許出願のリークで判明したが、同社からは詳細について明らかにされていない。

・3台の背面カメラを利用

特許出願資料によれば、ハイブリッドズーム技術では3台の背面カメラを利用して高精度のズーム画像を作成するようだ。

ハイブリッドシステムでは、焦点距離が異なる複数のカメラおよびソフトウェアにより、被写体の細部まで描写した画像を作成する。

Oppoは、2017年バルセロナで開催されたMobile World Congress(MWC2017)で、光学5倍ズームカメラ搭載のスマホを発表。同テスト機にはペリスコープ構造を搭載した2台のカメラが搭載されていた。

薄さ5.7ミリのモジュールに搭載できて、手ブレ補正の精度は200%向上した。ただし、同製品はいまだに商品化されていない。

・2019年中にはHuaweiも10倍ズーム投入か

同業他社と一線を画すために、中国のスマホ企業は、カメラ機能を向上させることに注力してきた。Huaweiは、2019年中には4台のカメラと10倍光学ズームテクノロジを搭載した製品を市場に投入する計画だ。

今年2月開催のMWC2019には、Oppoの光学10倍ハイブリッドズーム搭載のスマホ、F19シリーズが発表されるとの見方がでてきており、2019年スマホカメラの精度向上を巡る激戦が繰り広げられそうだ。

参照元:Smartphone manufacturer Oppo develops 10x zoom for smartphone cameras/TechNode

中国のスマホメーカーOppo、光学10倍ズーム技術を開発