日々私たちに夢を与えてくれる、アニメマンガゲーム、舞台──それらを創り上げるのには、クリエイターたちの存在が欠かせません。第一線で活躍する彼らへのインタビューの中から、特に注目された記事ベスト8をごお届けします♪ (集計期間:2017年11月1日2018年11月30日

第1位 『NARUTO』の炎、素材は意外なもの…!? 舞台ビジュアル制作の裏話――『黒執事』『青エク』『男水!』はどう作られた?

第1位は、2.5次元舞台の宣伝美術を手がけるアートディレクター・岡垣吏紗さんのインタビュー! 一枚のポスターでどう物語やキャラの関係性を表現するか──特にクオリティの高さが話題の『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』の制作秘話に注目です。2.5次元舞台として初めて手掛けた『ミュージカル黒執事」』についての【前編】もお楽しみください!

■関連記事■
・『テニミュ』『舞台「黒執事」』のアートディレクターを直撃!――舞台ビジュアルはどうやって作られる?【前編】

『NARUTO』の炎、素材は意外なもの…!? 舞台ビジュアル制作の裏話――『黒執事』『青エク』『男水!』はどう作られた?【後編】
『NARUTO』の炎、素材は意外なもの…!? 舞台ビジュアル制作の裏話――『黒執事』『青エク』『男水!』はどう作られた?【後編】

2.5次元舞台のビジュアルを手がけるアートディレクター岡垣吏紗さんにインタビュー。【後編】では、『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』や『ミュージカル「黒執事」』、ミュージカル『テニスの王子様』など、有名舞台のビジュアル制作秘話に迫ります。

第2位 劇場作品『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』公開!──脚本家・虚淵玄さんインタビュー

虚淵玄さんは、アニメ魔法少女まどか☆マギカ』など多数の作品を執筆する脚本家【前編】では劇場版も公開された人形劇カンフーアクションThunderbolt Fantasy Project』の制作話を、こちらの【後編】では「イケメンの定義は?」「乙女ゲームを作るなら?」等さらに突っ込んだお話をお聞きしました! 作品へのこだわりと遊び心が伝わります。

■関連記事■
・脚本家・虚淵玄(ニトロプラス)さんインタビュー|美しすぎる布袋劇人形たちのアクション活劇! 劇場作品『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』上映(1/2)

劇場作品『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』公開!──脚本家・虚淵玄さんインタビュー(2/2)
劇場作品『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』公開!──脚本家・虚淵玄さんインタビュー(2/2)

虚淵玄さんが原案・脚本・総監修を担当した“Thunderbolt Fantasy Project”。 第1回に引き続き、劇場作品『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』の上映(2017年12月2日~)を迎えるにあたり、虚淵さんご自身に『Thunderbolt Fantasy Project』の魅力について語っていただくのですが……、話の内容は、虚淵節からイケメンと乙女ゲームにも広がります!

第3位 脚本・演出家、吉谷光太郎さんインタビュー|2.5次元舞台の脚本・演出プランの裏話に迫る!

ミュージカルスタミュ』『ヘタリア』など2.5次元舞台の脚本・演出を手掛ける吉谷光太郎さんに、仕事の極意や制作方法についてインタビュー♪ 特に印象的なのは、原作の良さを生かそうとする姿勢。役者さんたちとのエピソードが盛り沢山の第2回と、執筆や演出で気をつけていることなどを教えてくださった第3回も、ぜひご一緒に!

■関連記事■
・第2回|エンターテインメントは衣食住の余白――脚本・演出家、吉谷光太郎さんインタビュー

第1回|脚本・演出家、吉谷光太郎さんインタビュー|2.5次元舞台の脚本・演出プランの裏話に迫る!
第1回|脚本・演出家、吉谷光太郎さんインタビュー|2.5次元舞台の脚本・演出プランの裏話に迫る!

2.5次元舞台作品を数多く手がけられている、脚本・演出家の吉谷光太郎さんのインタビューを、全3回に渡ってお届けします。2018年3月に上演されるミュージカル『少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜』でも脚本・演出を担当されている吉谷さん。第1回のインタビューでは、2.5次元という繊細な舞台を作るにあたり、原作をどのように扱うのか、今までの作品も例に挙げながらお話いただきました。

第4位 第2回|『金色のコルダ』キャスティング秘話~音響監督菊田浩巳さん

菊田浩巳さんは、アニメゲームの声優キャスティングスタジオディレクション等を担当する音響監督インタビュー第2回(全4回)はゲーム金色のコルダシリーズキャスティングについて、誰をどういった理由で起用したのか、15年前まで遡り貴重なお話を聞けました♪ 最近のキャスティング事情で変化しつつあるところとは?

■関連記事■
第1回|声優と芝居とアニメとゲームと~音響監督菊田浩巳さんインタビュー

第2回|『金色のコルダ』キャスティング秘話~音響監督菊田浩巳さん(2/4)
第2回|『金色のコルダ』キャスティング秘話~音響監督菊田浩巳さん(2/4)

音響監督菊田浩巳さんのインタビュー連載第2回。声優のキャスティングから作品の演出まで、アニメやゲームの制作現場に欠かせない役割を果たす”音響監督”について、その仕事内容の魅力と中身を『金色のコルダ』などのタイトルを踏まえて語っていただきます。

第5位 『イケメン戦国』『イケメンヴァンパイア』イラストレーター・山田シロ先生スペシャルインタビュー

イケメン戦国』『イケメンヴァンパイア』を始め、数多くの作品のイラストを描いている山田シロ先生にインタビューデビュー前のお話から、乙女ゲーム業界に入るきっかけとなった『イケメン戦国』のオファーを受けたときのお気持ち、意外な過去の“寄り道”など、ここでしか聞けないお話がいっぱいです! 今後挑戦したいお仕事とは?

『イケメン戦国』『イケメンヴァンパイア』イラストレーター・山田シロ先生スペシャルインタビュー
『イケメン戦国』『イケメンヴァンパイア』イラストレーター・山田シロ先生スペシャルインタビュー

『イケメン戦国◆時をかける恋』、『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑』などのイラストレーター山田シロさんの、スペシャルインタビューをお届けします! デビュー当時から『イケメンシリーズ』のお話はもちろん、絵が大好きだった幼少期から学生時代のお話、お仕事に取り組む姿勢まで多岐に語っていただきました。

第6位 「玉城裕規&高崎翔太の”変化する表情”を見てほしい」|映画『トリノコシティ』山口ヒロキ監督インタビュー

人気ボカロ曲の実写映画『トリノコシティ』を手掛けた山口ヒロキ監督。玉城裕規さん演じる“弔屋”と高崎翔太さん演じる“充”というキャラクターが生まれた経緯は? 他にも玉城さんの成長を感じた瞬間、高崎さんに感じた魅力など、監督ならではの視点で語ってくださいました。2018年11 月に発売されたDVDを観る前の予習にぜひ!

■関連記事■
【独占】玉城裕規「次は人間の役を演じたい!(笑)」|映画『トリノコシティ』舞台挨拶レポート

「玉城裕規&高崎翔太の”変化する表情”を見てほしい」|映画『トリノコシティ』山口ヒロキ監督インタビュー
「玉城裕規&高崎翔太の”変化する表情”を見てほしい」|映画『トリノコシティ』山口ヒロキ監督インタビュー

40mPさんによる人気ボカロ曲を実写化! 山崎丹奈さん主演、玉城裕規さん・高崎翔太さんが出演する映画『トリノコシティ』のDVDが、2018年11月7日(水)に発売決定。そこで玉城裕規さんに続き、『メサイア』シリーズも手がけている山口ヒロキ監督の特別インタビューをお送りします! 

第7位 画業50周年!マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー~“自分が今一番興味あることに忠実に”~

『風と木の詩(ウタ)』『地球(テラ)へ...』など長きに渡り名作を世に出してきたマンガ家竹宮惠子先生は、2017年で画業50周年を迎えました。インタビュー第1回(全3回)のこちらでは、特に1976年当時、日本ではまだ描く人がいなかった“少年愛”を『風と木の詩』で描いたときのエピソードに注目。教育者になったきっかけは?

【第1回】画業50周年!マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー~“自分が今一番興味あることに忠実に”~
【第1回】画業50周年!マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー~“自分が今一番興味あることに忠実に”~

マンガ家竹宮惠子先生。『風と木の詩(ウタ)』『地球(テラ)へ...』など、竹宮先生が世に送りだされた数々の作品は、連載開始から40年を経た今なお大勢の読者をトリコにし、読まれ続けている不朽の名作です。マンガ家として、教育者として、これまでの軌跡を振り返りつつお話を伺いました。

第8位 「病みかわいい」原宿から、世界へ!江崎びす子インタビュー|『原宿系ジェンダーレス男子と大型犬カレシ』『メンヘラチャン』

ご自身のマンガ『病みカワ戦士 メンヘラチャン』がアメリカで人気を呼んでいる、原宿系ジェンダーレスイラストレーターマンガ家の江崎びす子さん♪ ロサンゼルスアニメイベントAnime Expo 2018”でファンと交流した楽しいエピソードや、出演したファッションショーの様子を教えてくださいました。構想中の新キャラ情報も!

「病みかわいい」原宿から、世界へ!江崎びす子インタビュー|『原宿系ジェンダーレス男子と大型犬カレシ』『メンヘラチャン』
「病みかわいい」原宿から、世界へ!江崎びす子インタビュー|『原宿系ジェンダーレス男子と大型犬カレシ』『メンヘラチャン』

“Anime Expo 2018”にゲストとして招待された、原宿系ジェンダーレスイラストレーター&マンガ家の江崎びす子さんにインタビューを実施。国境を軽やかに飛び越えるポップカルチャーの魅力についてはもちろん、びす子さんがアメリカで人気を博している理由や、イベントでのファンとの交流を語っていただいた、特別インタビューを公開します。

まとめ

普段はあまり表に出ることのない方たちからも、貴重なお話を沢山聞くことができました。。どのように創られたか知ることで、より自分が好きな作品を楽しめそうですね! numanでは今後もさまざまなクリエイターの方たちにインタビューをしていくので、お楽しみに♪

『NARUTO』の炎の秘密、虚淵玄が乙女ゲームを作るなら?クリエイターインタビューBEST8を発表!