シカゴの火災・救命現場の最前線に位置する消防局を舞台に、リアルな救助シーンと消防士たちの熱き姿を描き、チームドラマの最高傑作と名高いレスキューアクションドラマシカゴファイア』。本国では2012年の放送開始からシーズンを重ねるごとに人気を上げ、シーズン5放送開始直後にシーズン6への継続が決定。第15話では視聴者数900万人を獲得したシーズン5のDVDが、2019年3月6日(水)よりリリースされる。

【関連記事】『シカゴ・ファイア』『SATC』デヴィッド・エイゲンバーグの素顔に迫る5つの質問!

崩壊する工事現場や住宅の火災、交通事故や列車事故など、人命救助が必要な現場すべてが彼らの職場となる。1分1秒の猶予も許されず、一瞬の判断ミスが命取りになる極限状態の中、「必ず助ける」という強い決意のもと、消防チーム・救助チーム・救急チーム三位一体で過酷な現場に挑む。時にシリアスで時にユーモラスな人間関係が、同時進行で描かれていく。骨太の熱いドラマとして男性からの支持を受けつつも、イケメン消防士や女性キャラカッコ良さ、チームの家族のような強い絆など、女性も虜になる要素が満載。一話ごとにさまざまなシチュエーションのレスキューシーンと、仕事に誇りを持つ彼らの雄姿が本作の大きな見どころだ。

シーズンでは、アメリカ同時多発テロを初めて本格的に取り上げたエピソードが登場する。第6話では、当時シカゴからニューヨークに向かい救助にあたった大隊長が、ケイシーとセブライドを連れて現在のグラウンド・ゼロを訪れるという展開で、9.11を経験した消防士の心情を真摯に描く。そして、シカゴ市長や、スポーツ選手、国民的ロックバンドなどが本人役でゲスト出演するのも本シリーズの見どころの一つ。第22話で、シカゴ・カブス所属のプロ野球選手クリス・ブライアントジェイク・アリエータ(現フィリーズ所属)が出演。豪華ゲスト陣にも注目したい。

シカゴシリーズの特徴である、消防・警察・医療の3つの部署がお互い行き来することで、もう一つの大きな物語が生まれるクロスオーバーエピソードは本シーズンでも健在。第9話「人生の分かれ道」は、『シカゴ P.D.』シーズン4第9話「空白の記憶」とクロスオーバーし、第15話「悪夢の夜」は『シカゴ P.D.』シーズン4第16話「終わらない悪夢」とクロスオーバーする2本のエピソードを特別収録している。

■『シカゴ・ファイア』シーズン5 商品情報


2019年3月6日(水)DVD Vol.1~6レンタル開始
2019年4月10日(水)DVD-BOX発売(9,500円+税)&DVD Vol.7~11レンタル開始
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

シカゴファイアシーズン5キャスティング情報などはこちらの作品データベースから。(海外ドラマNAVI

Photo:『シカゴファイアシーズン5
(C) 2016/2017 Open 4 Business Productions, LLC. All Rights Reserved.