ゲーム風のクロノア」のアニメ企画が中止になったことを、制作に携わっていたありがひとしさんが明らかにしました。

【その他の画像】ゲームソフト「風のクロノア2」

 「風のクロノア」は、1997年ナムコ(現バンダイナムコゲームス)から発売されたプレイステーションアクションゲームアニメ企画は2016年に発表され、アメコミ版の作画を担当していたありがさんが脚本とデザインを担当すると伝えられていました。

 ありがさんは1月5日に「クロノアアニメ企画は中止となりました。クロノアファンの皆さんには期待だけさせてしまい、申し訳ありませんでした」とTwitterで告知。理由については「例え良い題材であったとしても、関係者が精一杯努力したとしても、プロジェクトが上手くいかない事は、エンターテイメント業界では多々ある事で、これという特定の理由を挙げて、皆さんに説明するのは難しいです」と述べています。

 「非常に残念」とありがさんは語り、ここまでに作ってきたストーリーキャラクターはなんらかの形でファンに届けたいともつづっています。

アニメ化が発表された当時の海外の記事