no title

 アメリカワシントンD.C.郊外のバージニア州のアーリントンには、ペンタゴンと呼ばれる アメリカ国防総省の本庁舎がある。

 その上空に、巨大な三角形をした謎の飛行物体が飛んでいるのを、何人かの民間人が目撃した。三角形の物体はホログラムのようにも見えたという。

―あわせて読みたい―

これは意外と鮮明ですよ。晴れの日にネバダ州タホ湖で目撃されたUFO動画(アメリカ)
宇宙人と米軍が共同で人体実験をしていた地下7階建ての極秘地下施設「ダルシー」に関する3つの証言(アメリカ)
宇宙人の存在を認めた7人の政府要人
アメリカはUFOを作っていた?冷戦時代の米軍極秘プロジェクトでテスト飛行が行われたUFO型飛行船
真実はやってくるのか?アメリカで多発するUFO目撃情報。ついに州別目撃数ランキングが発表される。


MASSIVE Pyramid-Shaped UFO Seen Hovering Over Pentagon

すっと現れすっと消えていった巨大な三角形の飛行物体

 この映像は、2018年12月19日に撮影されたものだ。画面中央を注意してみると、怪しげな三角形の飛行物体が現れ、すっと消えていく瞬間がわかる。

1

 この動画がYOUTUBEに投稿されるやいなや、多くの人が注目した。

 一部では「政府が宇宙人の存在を隠したという証拠だ」とか、「政府の新しいホログラム研究実験だ」などの声が上がっている。

 果たして本当になにか大きな力が働いているのだろうか?

4

 飛行物体はギザのピラミッドほどもある巨大なものだったという。そして物体は一瞬にして消えていった。

 実際に飛行物体を目撃した人によると、「飛行物体の側面の一部は夜空よりも暗い色をしていた」という。

ペンタゴンの新しい技術なのか?

 不思議と謎の動画をYOUTUBEで投稿している「thirdphaseofmoon」の管理人ブレイクさんとブレットさんは、車の反射などによって引き起こされる現象とは違うと断言しており、更に、民間の飛行船にここまでの技術があるとは思えないという。


"This Is IT!" Huge [Pyramid] Over Washington DC! (2018-2019)

 
 この飛行物体は政府が宇宙人やその技術を隠した証拠なのか?それとも、ペンタゴンの新しい技術なのか?

 だがその真相は文字通り闇の中に消えていってしまった。

written by riki7119 / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52269510.html
 

こちらもオススメ!

UFO宇宙人についての記事―

今見ている月の姿は1.3秒前の過去、太陽は8分前の過去。星空で過去を旅してみよう。
オランダの海岸で発見された謎の物体と同じものが火星にもあった!?
特定の血液型の人には異星人の血が流れているかもしれないかもしれないというとんでも説
あまり知られていない10のUFO墜落事件
なぜ「エリア51」と呼ばれているのか?その名前の謎を探る

―動画の紹介記事―

プライスレスな天使たちに萌えたい人集まれ!可愛すぎる動物の赤ちゃん総集編
「ストローをくれなかったから」マクドナルドの顧客、従業員女性に殴りかかる。だが女性も負けてなかった(アメリカ)
飼い主が救急車で搬送される瞬間。こらえきれなくなった愛犬が飼い主に駆け寄りその体を必死に守ろうとする
抜き打ちチェックな!海の中から突如現れたペンギン、ボート内の安全点検を実施中
ニュース番組に映り込んでいたのはタイムトラベラーなのか?街頭インタビュー中に突如出現した子どもにざわつくツイッター民(イギリス)
UFOなのか?アメリカ国防総省、ペンタゴンの上空に巨大な三角形の飛行物体が浮かび上がる