タトゥー好きで親日家の歌手アリアナ・グランデが、2018年の年末に新しいタトゥーゲットしたという。それも日本語で「うたいましょう」と入れたとのことだ。Cosmopolitanなどの海外メディアが報じた。

【写真】マイリー、アンジーら「タトゥー大好きセレブが大集合!」フォト集

 2018年はラッパーのマックミラーとの破局や死別、コメディアンピート・デイビッドソンとの婚約や破局など、いろいろとあったアリアナ。インスタグラムストーリーで、肘の裏、腕の内側に横文字で入れた「うたいましょう」のタトゥーを披露したという。新しいタトゥータトゥーアーティストのミラ・マリアさんが担当したとのこと。彼女はアリアナが12月の始めに入れた、「月」のタトゥーデザインしたという。

 アリアナは元恋人たちに感謝を込めた楽曲『サンキューネクスト』を2018年11月リリースしたが、そのミュージックビデオには日本語の書かれたスウェットを着た女性なども登場。昨年8月には宮崎駿監督の長編アニメ千と千尋の神隠し』の千尋のタトゥーも入れていた。

 また12月に新曲『imagine(原題)』をリリースした時には、ハートマークと共に「想像」とツイートして、日本のファンに知らせた。数年前から日本語を勉強するアリアナの日本愛は深まるばかりだ。

日本語で「うたいましょう」とタトゥーを入れたアリアナ・グランデ(C)AFLO