結論:2019年の円と日本株見通し

こうしてリスク要因を掲げていると、何が起きるか分からないというのが実感だ。それで、相場で生き残りたいなら、時間のリスクを持ち越さない短期トレードが一番確実で、そうでなければ、売りと買いと組み合わせることで時間のリスクを管理するポートフォリオ運用が機能すると、私はお勧めしている。とはいえ、長年相場に携わってきたので、中長期の見通しがないわけではない。

昔、長期的な円高が続いていた背景には、膨大な貿易黒字額が示す、膨大な実需の円買いがあった。その貿易収支が、2018年はほぼ均衡した。2019年も、貿易実需は円相場にニュートラルである可能性が高い。ここでの最も大きなリスク要因は原油安だろう。輸入金額減少による貿易黒字は、円高要因となる。

中長期のトレンドに影響を与える資本実需は、大きく円安を示唆している。マイナス金利の国内に運用先がなく、信用リスクや流動性の観点から運用商品として申し分のない米国債が3%前後の利回りを提供しているからだ。ほぼ日英だけが、世界的な利上げ局面から取り残された環境も、外貨建て投資を後押しする。

となれば、円高リスクは、膨大な外貨建て投資のヘッジの円買いと、投機的なものだけとなる。これをまとめると、トレンドは円安で、円高局面は勢いがあったとしても長続きしないことになる。

円安が定着すれば、海外勢の日本株の買い戻しが期待できるようになる。また、株高時には配分比率いっぱいまで日本株を買っていた年金は、株安では比率が下がるため、また買えるようになる。買い手の主力1つ、企業の自社株買いも株安で出易くなる。そして、日銀の日本株買いは、少なくとも2019年いっぱいは続く見通しだ。そうして見ると、日本株はそれほど下がらないことが見えてくる。

世界の金融市場は、基本的に何でも買えた「カネ余り相場」から、選別しないと大損してしまう相場に変わってきている。そんな中で、日本株のように下値が限られた市場は魅力的に見えるのではないか? 世界で緩和を継続している市場は、ブレグジットの英国と、消費増税を前にした日本しかないのだ。一方で、いち早く利上げサイクルから抜け出す米株も、案外、健闘するように思える。

最後に、過去のバブルの、約1年前から崩壊までのチャートをいくつか付け加えておく。このチャートをどう見るかは自由だが、私自身は、2019年末までに日経平均4万円超えの可能性を、まだ捨てていない。

190106yaguchi_1

190106yaguchi_2

190106yaguchi_3

190106yaguchi_4

190106yaguchi_5

2019年が皆様にとって、良いお年でありますように!

有料メルマガ好評配信中!初月無料です

image by:Sira Anamwong / Shutterstock.com

※有料メルマガ『相場はあなたの夢をかなえる —有料版—』好評配信中!ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。配信済みバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】そろそろ仮想通貨の夢から醒める時。無価値なものに一般人を巻き込んだのは誰か?=矢口新

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

12月配信分
2019年相場:本格的な変化の年(12/25)
・IPOはギャンブル的(12/25)
・波動と直近相場(12/25)
・金利水準を見失った? 欧州中央銀行(ECB)(12/20)
・お金と、如水(12/19)
・二度目の敗戦(12/18)
・人間と機械は一体化する?(12/17)
・ァーウェイ、孟CFO逮捕の狙いと、その影響(12/17)
・情報戦争(12/13)
・貧すれば鈍する(12/10)
・長短利回り較差縮小(12/5)
・自身は高報酬を望む「ミスターコストカッター」とは?(12/4)
ワンポイントで理解するブレグジット(12/3)
2018年12月のバックナンバーを購入する

11月配信分
・米景気拡大サイクルの終わりが近付く?(11/29)
・仮想の夢から醒める時(11/28)
ゴルファーに学ぶ、相場のメンタルコントロール(11/27)
・ゴーン氏の仕事観、経営哲学、報酬、引き際(11/26)
・「責任を持って守る」ためには、守れる範囲は自ずから狭まる(11/26)
ブレグジット、合意なき離脱の可能性(11/22)
・夢追いから、現実の利益に(11/21)
・どうする? 地銀(11/20)
・分からないものは見ない(11/19)
マイナス金利政策に限界?(11/19)
・強いのには理由がある。ラグビーは総合力、相場も総合力、何でも?(11/15)
・すぎた? ギリシャの銀行不良債権半減計画(11/14)
スポーツと相場の共通点と相違点(11/13)
1989年(11/12)
どうする日本? 何のための消費増税(11/11)
・企業の箸の上げ下ろしにまで口を出す政府(11/8)
・ねじれ議会(11/7)
・今、しなくてはならないこと(11/6)
11月6日:米中間選挙(11/5)
日本人の「内省癖」の重い理由(11/5)
・3つの進化どころか後退している分野(11/1)
2018年11月のバックナンバーを購入する

10月配信分
・超長期国債と、為替オープン米国債(10/29)
ジャパン・アズ・ナンバーワン」の著者、米中貿易戦争を語る(10/29)
・株価急落(10/25)
・勝ちたい気持ち(10/24)
インクレディブル・ファミリー(10/23)
トランプ大統領が憎む、多数決システム(10/22)
・相場とテストステロン(10/22)
・自発的な投資で得られるものは?(10/21)
・自発的な投資で得られるものとは?(回答例)(10/18)
・自発的な投資で得られるものとは?(10/17)
Q&A:為替条項(10/16)
・投資を学ぶ理由(10/15)
・何が株売りを先導?(10/11)
・カバノーの最高裁判事就任と、テイラー・スウィフトの不支持表明(10/10)
SECにどれだけの権限があるのか?(10/9)
・地震、雷、火事、親父(10/4)
・あっという間の「没落」(10/4)
・相互依存(10/3)
Q&A:どうも予想と反対の動きになる(10/2)
コンテンツ監視員がPTSDに(10/1)
イーロンマスクの何が悪い?(10/1)
2018年10月のバックナンバーを購入する

9月配信分
・追い詰められる銀行(9/27)
・自律分散システム(9/26)
・貿易と国防問題の話し合い(9/25)
・次世代無線ネットワーク、5G(9/24)
ロシアの原油輸出をユーロ建てに(9/20)
・FAANG株が自重に耐えられずに崩壊?(9/19)
・財源確保(9/18)
リーマンショックから10年、迫りくる危機(9/18)
・Cryptoの矛盾(9/13)
・変わる世界の「パワーバランス」(9/12)
・キャッシュレス社会のアウトサイダー(9/0)
・マー氏の引き際(9/10)
・電力供給でも、3対7の「黄金比」は可能か?(9/6)
・備えよ、常に(9/5)
・就活:民のルールを、官が決める?(9/4)
・過去を引き摺り、未来を犠牲(9/3)
2018年9月のバックナンバーを購入する

【関連】日本では報道されないフランス暴動デモの凄まじさ、民衆は増税に怒っている=児島康孝

【関連】無茶なM&Aで太り過ぎたライザップ、赤字70億円からどう結果にコミットするのか?

【関連】貿易戦争で墜落する中国、習近平を追い詰める改革派と解決困難な4大社会問題とは=勝又壽良

1 2 3 4 5 6 7

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2019年1月6日
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―

[月額864円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
ご好評のメルマガ「相場はあなたの夢をかなえる」に、フォローアップで市場の動きを知る ―有料版― が登場。本文は毎週月曜日の寄り付き前。無料のフォローアップは週3,4回、ホットなトピックについて、より忌憚のない本音を語る。「生き残りのディーリング」の著者の相場解説!

MONEY VOICE