結婚式を完璧な一日にしたいと思っていた花嫁の願いは、ひとりのウェディンプランナーによってことごとく裏切られた。昨年12月初旬にフィリピンで起こったニュースを、英メディア『The Sun』『Metro』などが伝えている。

昨年12月3日フィリピンのパシッグ市でひとりのウェディンプランナーが逮捕された。

シャイン・タマヨさん(26歳)とジョンチェンさん(40歳)は、12月3日に行われる予定の結婚式を完璧な一日にしたいと願っていた。そのため、140,000ペソ(約289,000円)の費用をケータリング運営者でウェディンプランナーのクリッサ・カナネアという女性に渡し、披露宴での料理や飾り付けを依頼した。

ところが挙式当日、披露宴のために予約していたホテルに新郎新婦が到着すると、依頼していたゲストらの料理が全く用意されていなかった。シャインさんは愕然としながらも、なんとしてでも予定通り披露宴を続けると決意し、道路を隔てた地元のレストランから脂っこいストリートフードヌードルなどを皿に載せて運び、お粗末な薄いブラックカラントカシスジュースとあわせて、空腹で失望しているゲストらに必死で振舞った。

そして気を取り直してジョンさんとケーキ入刀をしようと2段のウェディンケーキナイフを入れたところ、表面をアイシングでコーティングしていたケーキの中身が発砲スチロールであることが発覚。シャインさんはゲストらの前で泣き崩れた。

その後、ケーキを持ってパシッグ市の警察署に出向いたシャインさんと親族らはクリッサを通報。号泣するシャインさんの傍らで警察官がケーキを調べると、上段には黒色の、下段には白色の発泡スチロールが中にぎっしり詰まっており、ケーキは全くの見せかけであることがわかった。

警察署に呼ばれたクリッサは詐欺罪で逮捕され、その後保釈されたそうだが、警察によると捜査は現在も続行中であり、クリッサは今後起訴される予定とのことだ。怒りが収まらないシャインさんは、メディアでこのように語っている。

「人生でこんな侮辱を今まで受けたことはありませんでした。あの女はお金のことばかり口にしていたんです。そのたびに私は費用を渡していました。結婚式を完璧にしたいという一心でしたから。それなのに、あの女は私の結婚式を完璧な一日にするどころか今までで最悪な一日にしたのです。たとえ謝られても謝罪は受け付けません。私の結婚式を台無しにしたのだから、あの女は刑務所に行くべきです。」

このニュースを知った人からは、「これは気の毒」「ウェディンケーキって入刀は形だけだから中身は発泡スチロールっていうのは一般的じゃないの?」「花嫁はケーキが食べたかったんだよ」「ケーキは食べられる材料で作るのが当然でしょう。発泡スチロールなんて許せない」「カロリー低めのケーキでよかったじゃないか」「悪いけど号泣って…笑える」「いくら何でもこのウェディンプランナーはダメでしょ」「披露宴が台無しになって残念。かわいそうに」といった声があがっている。

画像は『Metro 2019年1月4日付「Bride cut into wedding cake to find it was polystyrene covered in icing」(Picture: ViralPress)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト