ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
テレビ朝日モーニングショーでレーダー照射問題の特集
ゲストの伊藤俊幸が「瀬取り」とついに言ってしまう
・やはり人命救助中ではなく瀬取りだったのか?

羽鳥慎一モーニングショー

2019年1月7日に放送された『羽鳥慎一モーニングショーテレビ朝日系)』にてレーダー照射問題が取り上げられ、スタジオに模型が作られ検証が行われた。

P-1(哨戒機)と韓国軍の位置関係を見て、羽鳥慎一氏が「これって日本の排他的経済水域ですよね」と質問すると元海上自衛隊海将の伊藤俊幸氏が「そちらじゃないです。それよりも瀬取りです。経済制裁の対象」と瀬取りと発言。どうやら伊藤俊幸氏はこの現場で韓国と北朝鮮が人命救助ではなく、瀬取り行為をしていたと睨んでいるようだ。

瀬取りとは船から船に荷物(人)を乗せ替える密輸行為。それを排他的経済水域で行っていたところ日本のP-1に見つかり、日本が無線で応答したところ、レーダー照射したという流れだ。

関連:レーダー照射問題 韓国の反論動画のサムネが悪意ありすぎ