主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は『優先したい時間』をテーマに働く主婦層にアンケート調査を行いましたので以下にご報告します。(有効回答数528件)
■調査結果概要

1.2018年に優先した時間 1位「家事・育児・介護の時間」48.7%

2.優先した時間の前年比較

3.2019年に優先したい時間 1位「家族のコミュニケーション時間」44.3%

4.2019年に優先したい時間と2018年に優先した時間との比較

5.2019年に優先したい時間と2018年に優先した時間との希望と現実ギャップ

■しゅふJOB総研 所長 川上敬太郎より
 働く主婦層は、2018年を振り返ってどんな時間を優先してきたのでしょうか。選択肢の中から最も多くの人が回答したのが、「家事・育児・介護の時間」で48.6%。半数近い数字になります。昨年の同調査(※)でもこの項目が1位になっています。2位と3位に入った選択肢は昨年と順位が入れ替わったものの、「家族のコミュニケーション時間」「仕事時間」で、その他の順位も昨年と大きな変化はありませんでした。

 では2019年にどんな時間を優先したいのかを見てみると、トップは「家族のコミュニケーション時間」。2018年に優先した時間と比較しても大きな差はなく、2018年と同様2019年においても優先的に大切にしたい時間なのだと思います。一方、2019年に優先したい時間と2018年に優先した時間の差を表にした「優先時間の希望と現実ギャップ」を見てみると、最もギャップが大きかったのが「資格取得などの勉強時間」。資格などのために勉強時間を取りたいものの、結局はほかの時間を優先してしまった、というため息が聞こえてきそうな結果です。逆に、本当は他の時間を優先したかったのに、結局優先せざるを得なかった時間と思われるのが「家事・育児・介護の時間」です。もちろん大切な時間ではありますが、負担を感じてしまう時間でもあるのかもしれません。

 これらのデータはもちろん個人差がありますが、全体としては自分のための時間をガマンして家族のための時間を優先している傾向が続いているように思います。より豊かに生きるために、自分のための時間が産みだされるよう『時産』の発想を持つことが鍵を握ってくるのではないかと考えます。

※働く主婦が2018年に優先したい時間とは?:https://www.bstylegroup.co.jp/news/shufu-job/news-13162/
<しゅふJOB総研について>
「結婚・出産などのライフイベントに関わらず、 もっと多くの女性が活躍できる社会をつくりたい」そんな志のもとにつくられた研究所です。「女性のライフスタイルと仕事への関わり方」に対する社会の理解を高め、女性の働きやすい職場をより多くつくっていくために定期的なアンケート等の調査を実施、結果を社会に発信しています。
※過去の調査結果はこちら⇒https://www.bstylegroup.co.jp/news/shufu-job/
※しゅふJOB総研は、東京大学SSJDAに過去の調査データを寄託しています⇒http://bit.ly/2n8jHIJ

株式会社ビースタイルについて>
企業理念は「best basic style」。時代に合わせて新たなスタンダードをつくる会社です。この理念に基づき、2002年の創業以来、働きたい主婦に対して就業支援を行って参りました。約16年間で生み出した主婦の雇用数はのべ10万人以上。女性がそれぞれの価値観、ライフスタイルに合わせて働くことができる社会の実現に向け、派遣・在宅・ハイキャリアなど、様々な『しゅふJOBサービス』を提供しています。

配信元企業:株式会社ビースタイル

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ