現地時間6日、第76回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が開催され、最多3のノミネートを獲得していたリミテッドシリーズテレビムービー部門の『アメリカン・クライム・ストーリーヴェルサーチ暗殺』が、作品賞と男優賞(ダレン・クリス)の最多2冠に輝いた。また、ミュージカルコメディー部門の『コミンスキーメソッド』が、作品賞と男優賞(マイケルダグラス)を受賞し、同様に2冠となった。

【写真】ゴールデン・グローブ賞<TVの部>受賞作品&受賞者フォトギャラリー

 ファッションデザイナージャンニヴェルサーチの殺害事件を題材にした『アメリカン・クライム・ストーリーヴェルサーチ暗殺』。クリスヴェルサーチを含む5人を殺害した連続殺人犯アンドリュー・クナナンを演じ、昨年9月に開催されたエミー賞に続いての男優賞受賞となった。

 シニア世代の演技コーチと親友の交流を描くコメディー『コミンスキーメソッド』でサンディ・コミンスキーを演じるマイケルは、2014年テレビムービー『恋するリベラーチェ』で受賞して以来の男優賞獲得となった。

 今回、コメディー俳優のアンディ・サムバーグと共にホストを務めた女優のサンドラ・オーは、ドラマ部門の『キリング・イヴ/Killing Eve』で、英諜報機関MI6の女性エージェント、イヴを演じ女優賞に輝いた。ゴールデン・グローブ賞でアジア系の女優が女優賞に輝いたのは、1981年にミニシリーズ『将軍 SHOGUN』で島田陽子が受賞して以来。史上2人目となる。

 第76回ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>受賞結果は以下の通り。
(★が受賞作品&受賞者)

●作品賞(ドラマ
★『ジ・アメリカンズ』
『ボディガード守るべきもの-』
Homecoming(原題)』
キリング・イヴ/Killing Eve
Pose(原題)』

●女優賞(ドラマ
カトリーナ・バルフ『アウトランダー
エリザベス・モス『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』
サンドラ・オー『キリング・イヴ』
ジュリア・ロバーツ『Homecoming(原題)』
ケリー・ラッセル『ジ・アメリカンズ』

●男優賞(ドラマ
ジェイソン・ベイトマン『オザークへようこそ』
ステファン・ジェームズHomecoming(原題)』
リチャード・マッデン『ボディガード守るべきもの- 』
ビリー・ポーター『Pose(原題)』
マシュー・リス『ジ・アメリカンズ』

●作品賞(ミュージカルコメディー
『バリー』
『グッド・プレイス』
Kidding(原題)』
★『コミンスキーメソッド
マーベラス・ミセス・メイゼル』

●女優賞(ミュージカルコメディー
クリステン・ベル『グッド・プレイス』
キャンディス・バーゲン『TVキャスター マーフィーブラウン
アリソン・ブリー『GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング
レイチェル・ブロズナハン『マーベラス・ミセス・メイゼル』
デブラ・メッシング『ふたりは友達? ウィルグレイス

●男優賞 (ミュージカルコメディー
サシャ・バロンコーエンWho is America(原題)』
ジム・キャリーKidding(原題)』
マイケルダグラス『コミンスキーメソッド
ドナルド・グローヴァーアトランタ
ビル・ヘイダー『バリー』

●作品賞(リミテッドシリーズテレビムービー
エイリアニスト』
★『アメリカン・クライム・ストーリーヴェルサーチ暗殺』
Escape at Dannemora(原題)』
『KIZU-傷-』
『英国スキャンダルセックスと陰謀のソープ事件』

●女優賞(リミテッドシリーズテレビムービー
エイミーアダムス『KIZU-傷-』
パトリシアアークエット『Escape at Dannemora(原題)』
コニー・ブリットン『Dirty John(原題)』
ローラ・ダーン『ジェニーの記憶』
レジーナキング『運命の7秒』

●男優賞(リミテッドシリーズテレビムービー
アントニオ・バンデラス 『ジーニアス:ピカソ
ダニエル・ブリュール『エイリアニスト』
★ダレン・クリスアメリカン・クライム・ストーリーヴェルサーチ暗殺』
ベネディクトカンバーバッチ『パトリック・メルローズ
ヒュー・グラント『英国スキャンダルセックスと陰謀のソープ事件』

●助演女優賞
アレックス・ボースタイン『マーベラス・ミセス・メイゼル』
パトリシアクラークソン『KIZU-傷-』
ペネロペ・クルス『アメリカン・クライム・ストーリーヴェルサーチ暗殺』
タンディ・ニュートンウエストワールド
イヴォンヌ・ストラホフスキーハンドメイズ・テイル/侍女の物語』

●助演男優賞
アラン・アーキン『コミンスキーメソッド
キーラン・カルキン『キング・オブ・メディア
エドガーラミレスアメリカン・クライム・ストーリーヴェルサーチ暗殺』
★ベン・ウィショー『英国スキャンダルセックスと陰謀のソープ事件』
ヘンリーウィンクラー『バリー』

<第76回ゴールデン・グローブ賞>テレビの部/女優賞:サンドラ・オー(『キリング・イヴ』)(C)AFLO