no title

 ポテトチップ工場から出る廃棄物ジャガイモの皮を再利用して、中質繊維板を作る方法が開発された。

 この板は、テーブルからキャビネットまであらゆる家具に応用できる、従来の中質繊維板(MDF)に匹敵し、まるで夢のようだが、特別な素材を使っているわけではない。完全なリサイクルなのだ。

―あわせて読みたい―

世界初。中古品やリサイクル品だけしかないショッピングモールが誕生(スウェーデン)
ヒゲワシにサンキュー!動物の死骸を跡形もなく処理、その骨も砕いて食べる「地球の清掃係」 ヒゲワシはリサイクルの達人
ビデオのカセットテープを有効利用。室内を彩るライトに大改造。ホラーからポケモンまで。
動物に動物のぬくもりを。使わなくなった毛皮を傷ついた野生動物たちの為に利用しぬくもりを与えるキャンペーン(アメリカ)
なぜドイツ人はリサイクルに積極的なのか?世界ナンバーワンのドイツのリサイクル率の理由を探る

IKEAの家具に利用されている中質繊維板(MDF

 中質繊維板(MDF)は、木材を線維に変え、それを結合剤と一緒に高温・高圧で成形する。これによってできた固い板材は、建築や家具など幅広く利用できる。

 家にIKEAの製品があるなら、きっとMDFが使われているはずだ。スウェーデン発祥の世界最大規模の家具量販店IKEAは、世界でもっともMDFを使っている会社だろう。

4

image credit:chipsboard

従来のMDFからジャガイモの皮を再利用したMDFへ


 標準的なMDFは、合板に比べて格段に強いという利点があり、二酸化炭素排出量も比較的少なく、安価でもあるが、それでもまだ環境に悪いことは確かだ。

 製造には、結合剤ガスとして使う毒性のあるホルムアルデヒドや、その他の有毒な樹脂を使用しなくてはならない。そのため、リサイクルはできず、処分するには燃やすしかない。

 特許出願中の新しいチップボードは、ロンドンを拠点とする設計者、ローワン・ミンクリーとロバートニコル生化学者のグレッグ・クーパーによって開発された。従来のMDFと同じくらいの強度があり、有害な材料は一切使っていないという。

5

image credit:chipsboard

 MDFの新素材開発の主役は、なんとジャガイモの皮。

 開発当初は試行錯誤で、より精度を上げるために、クーパーの助けをかりた。竹、再生木材、ビールのホップ、そのままのジャガイモの皮を混ぜて、独自の工程で精製した。その詳細は企業秘密だが、現在、技術特許を出願中だ。

2_e2

image credit:chipsboard

十分な強度を持ち、堆肥として土に戻すことができる


 この工程にはMDFと同様に高温・高圧工程が必要だが、できた板材は建築や家具に十分使える強度がある。

 さらに、処分するときには、堆肥(コンポスト)にすることが可能だ。さらにこの堆肥でジャガイモを育てることができ、永遠に循環することができる。

 このチップボードのがうまく量産化できれば、ポテチも食べられるし家具も作れるし、地球環境にも優しいまさに夢のような開発となるのだ。

References:chipsboard/ written by konohazuku / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52269536.html
 

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

未来の家具はジャガイモの皮から作られるかも。ポテトチップ工場の廃棄物を再利用して板を作る方法が開発される
海外で二日酔いに効くと言われている5つの方法を科学的に検証
ついに謎が暴かれる?2019年、地球の秘密を明かすかもしれない7つの調査
ドイツで第三の性「ディバース(diverse)」が公式に認められる
12年間も警官のふりをしていた男,ついに逮捕(中国)

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

ついに謎が暴かれる?2019年、地球の秘密を明かすかもしれない7つの調査
ロシアがソビエト連邦時代に建造された、ブルータリズム様式の近未来的建造物
宇宙ヤバイ!想像を超えたブラックホールの大きさを視覚的にわかりやすく様々なものと比較した動画
人類の月面着陸が本当だったということを証明する7つの簡単な方法
ロシアが寒いのは知ってたけども・・・ロシアで見かけた冬の風物詩
未来の家具はジャガイモの皮から作られるかも。ポテトチップ工場の廃棄物を再利用して板を作る方法が開発される