ボルボ「XC40」の2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞、おめでとうございます! 一方、今回は思わぬ事情で最終選考の舞台に立てなかったスバルフォレスター」とスズキジムニー」、誠に残念でした。

さて、全く個人的な視点で2018-2019年の注目車に挙げたい…というより、すっかり夢中になった1台が、アルピーヌ「A110(エー・ワンテン)」です。今となっては“オリジナルの”と呼ぶべきなのでしょう、1973年製のA110メキシコ製)と四半世紀をともにした自分としては、古豪ブランドの復活はうれしいと同時に、なんだか悔しいような複雑な気分です。

【検証2018-2019年の注目車⑤】21年ぶり復活のアルピーヌ、初代オーナーはどう見た?