WEBサイト「ザテレビジョン」では、12月31日1月6日の「視聴熱(※)」バラエティー ウィークリーランキングを発表した。

【画像を見る】12月31日~1月6日の「視聴熱」バラエティー ウィークリーランキングTOP3

1位「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日スペシャル 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」(日本テレビ系)192925pt

毎年恒例、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の大みそか特別番組が12月31日に放送された。

今回も多数の芸能人が出演。川口春奈のスケバン姿、杉咲花のゆりやんレトリィバァのネタ完コピ、立川志らくと登坂淳一の“ハンバーグ師匠”ネタなど、ダウンタウンココリコ月亭方正を笑わせるため、普段では見られないような一面が見られた。

さらに、“捕まってはいけない”パートにはボクシング・WBA世界バンタム級チャンピオン井上尚弥選手が登場。エンディングでは藤巻亮太が「粉雪」の替え歌を披露した。

また、今回の「視聴熱」バラエティー ウィークリーランキングでは、2位の「GENERATIONS高校TV」(51988pt)と4倍に迫るpt数で1位を獲得する格好となった。

2位「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、AbemaTV)51988pt

1月6日の90分スペシャルで、12月30日に放送された「E高が乗り込んできた!ガチスポーツ対決SP」の未公開シーンなどを放送。

スマホケースを作った“創作センスNo.1決定戦”や“大縄跳び”で、GENERATIONS from EXILE TRIBEとE-girlsが対決を繰り広げた。

一方、1月2日の「全力部活!E高」(毎週水曜夜10:00-11:00、AbemaTV)は「GENE高が乗り込んできた!18人の大かくれんぼ対決SP」として、GENERATIONSメンバーが出演。

こちらでも“GENEかくれんぼ”や“バカッコイイ動画撮影”という対決企画を行った。

3位「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(毎週木曜夜8:00-9:57、TBS系)36184pt

1月2日放送のドッキリ企画内で木村拓哉が垣間見せた“本音”が話題に。

仕掛け人を務めたのは映画「マスカレードホテル」で共演する勝地涼。木村にとっては後輩の勝地が「役者を辞めようか今迷っていて」と切り出すと、木村は話に耳を傾ける。

そして、勝地に胸中を吐露するなど真剣に言葉を投げ掛け、最後には仕掛け人であるはずの勝地も目に涙を浮かべ、SNSではその様子に視聴者の大きな反響が見られた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングドラマランキングも発表している。

SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン

「―絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」にはダウンタウンらレギュラー陣の他、豪華ゲストが多数出演