オダギリジョーが、時効になった事件を趣味で捜査する警察官にふんした連続ドラマ時効警察」(テレビ朝日系)が12年ぶりに復活することとなり、ネット上では喜び、興奮の声でにぎわっている。2006年1月クールに深夜枠で放送されながら平均視聴率10.1%を記録する人気で、翌年第2作「帰ってきた時効警察」も制作された本作の魅力を振り返ってみた。

 「帰ってきた時効警察」第8話では主演のオダギリが監督、脚本を務めていたことからも、オダギリの思い入れが感じられる本シリーズ。「キスで殺人」など意表を突く事件のトリックも目を引き、全体的にはゆるいテイストだが、中には家族間で起きた衝撃的な事件も。また、時効成立までに犯人逮捕につながったケースもあった。

 一見ぼんやりしているようで有能な時効管理課の警察官・霧山(オダギリ)のキャラクターが絶妙。犯人がうそをつく時に「語尾に『はい』をつける」「メガネが曇る」「髪型が変わる」など、傾向、癖を見抜く鋭い洞察力を持っている。密かに霧山との結婚を夢見る交通課の女性警官・三日月しずか(麻生久美子)とのコンビネーションも痛快だ。

 霧山をイジる時効管理課の面々もクセ者ぞろい。又来(またらい)をふせえり、サネイエを江口のりこ、課長・熊本を岩松了が好演し、第2作からは早織(当時は小出早織)演じる新人・真加出(まかで)も登場。そのほか、豊原功補が襟をたてたトレンチコートがトレードマークの“残念”な刑事・十文字疾風(じゅうもんじ・はやて)役で爆笑演技を披露したほか、光石研が時折、霧山の捜査に協力しつつ「街で見つけたヘンなもの」を見せる鑑識課の諸沢(もろさわ)に。

 一方、ゲストの顔ぶれも華やか。犯人を含め、事件にかかわっていた人々に東ちづる、池脇千鶴、緒川たまき、永作博美、奥菜恵、森口瑤子、葉月里緒奈、櫻井淳子、りょう、麻木久仁子、市川実和子、杉本彩、ともさかりえ、鶴田真由、西田尚美、国生さゆり、加藤治子、室井滋ら。死亡した人々に、満島ひかり真木よう子ROLLYらも名を連ねていた。

 そしてシリーズが長らく愛される理由の一つが、“気になる”シュール小ネタの数々。「日曜日メガネをかけるのはイギリス人っぽい」「ソーセージはくもりの日に食べた方がおいしい」といった、もっともらしいが意味不明な会話や、ガムをかむと10秒間だけ15年前の姿(美女)に戻るダンサー、民家にさりげなく置かれたタイムマシンサービスや言動など何でも多めな食堂「多め亭」のおばちゃん(『帰ってきた時効警察』では『早め亭』に)、スイカの種で作られた森鴎外像……など。総武警察署のマスコット「そーぶくん」や、「プクーちゃん人形」「沈みがち人形」などのゆるキャラにもこだわりが見られた。

 由紀さおりナレーションを務め、「~と言っても過言ではないのだ! をよろしくお願いします」とタイトルを読み上げるオープニング(鳩時計から『よろしくお願いします』の垂れ幕が飛び出す)、霧山が毎回ラストで犯人なる人物たちに「誰にも言いませんよカード(時折、犯人によってバージョンが変わる)を渡すといった“お約束”も親しまれている。

 新シリーズ時効警察 2019(仮)」では、いつの間にかアメリカFBIに出向していた霧山が12年ぶりに帰国。三日月は6年前に刑事課の刑事と結婚し、のちに離婚していたという設定で驚かせているが、2人のコンビ再結成にファンは大興奮。三日月は、長らく隠し持っている霧山との婚姻届を提出できる日が来るのか、恋の行方にも注目したい。(編集部・石井百合子

主人公・霧山修一朗役のオダギリジョー(写真は2017年11月イベントで撮影したもの)