Liverpool Echo』は7日、「元ナイジェリア代表FWヴィクター・アニチェベは、中国のクラブFIFAに訴えていることを明かした」と報じた。

かつてエヴァートンで長くプレーした長身FWアニチェベ。2013年に退団後はWBAとサンダーランドに所属し、2017年に中国2部の北京控股へと移籍した。

しかし中国ではわずか11試合の出場に留まり、2017年限りで退団してからはフリーエージェントの状況が続いている。

彼は今回Instagramで以下のように書き、中国は汚職と贈収賄の話にまみれていたと明かし、FIFAの判断を仰いでいることを告白した。

ヴィクター・アニチェベ

「一年前に北京控股と契約したとき、僕はこれが何かを変えるチャンスになるだろうと期待していた。

しかしながら、僕が持っていた楽観的な視点はすぐに萎んでいった。そこはスポーツに関する汚職と贈収賄の噂にまみれていた。

既にFIFAには訴えている。スポーツ裁判所の公聴会で真実が明らかになる日を待っているよ。

僕はすぐにクラブを離れるように言われ、契約問題を解決するために弁護士を呼ぶよう指示された。

目に見える解決策はなかった。弁護士チームと連絡を取ろうとしたが、何度もそれに失敗した

そういう時、誰もが自分を疑ったりする。なぜ僕にこんなことが起こるのだ?と。

それはまた、心から神を信頼して委ねなければならない時でもある。自分の理解だけに頼るのではなくね。

自分の状況について、どんな場所であっても公の場で話をしたり、声をあげたりはしないと決めた。1年経ってもまだ解決はしていないが、スポーツ裁判所の公聴会を楽しみにしているよ」

ファンエヴァートンに戻ってきて?)

「タダでも行くよ!」
中国リーグは汚職と贈収賄まみれ…あの元代表FWが告白する