明治時代は旧制度を改め、また新しい制度を作るのに大変苦労した時代だったと思われます。なかには、どうしてもまとめなければならないことがまとまらず、「えいや!」っと勢いに任せて決めてしまったこともあるようです。

1871(明治4)年7月廃藩置県が行われると、越後と佐渡では13県 が誕生しました。その後、政府の統合政策によって同年11月には,新潟・柏崎(かしわざき)・相川の3県体制となりました。1872(同5年)に楠本正隆(くすもとまさたか)が新潟県令に就任されると、彼の「一国一県論」に基づき、翌年に柏崎県が新潟県に併合。ここに越後国は新潟県として統一されたのです。

さて、この合併に至る経緯に関してが実に面白い

初代新潟県令・楠本正隆

重大ごとを相撲で決める!?

その経緯は、1901(同34)年1月24日の新潟新聞(新潟日報の前身)のコラムにて詳しく紹介されています。

記事によれば、事の発端は1872(同5)年12月のこと。楠本正隆が東京出張の際、柏崎に宿泊。そこに柏崎県の役人たちが訪れ、酒宴が開かれました。宴もたけなわのころ、楠本がすくっと立ち上がり、「越後は一つの県になるべきだとおもうが、どちらの県に合併するかで意見が対立している。そこで、この問題を相撲で決めようではないか」と提案したといいます。

酔いも手伝って一同賛成。県令自らが行司役となるなか、畳の上で両県の役人が相撲を取りました。その結果、新潟側が勝利を収め、翌年6月、柏崎は新潟県に併合されたといいます。

この話、じつは1933(昭和8)年刊行の『新潟古老雑話』にも掲載されています。

「一県の県域がこれで確定するかもしれない!」という重大ごとを、まさか相撲の結果のみで決めたとは到底思えませんが、古くから相撲は神事とされていたことから、あながちで酒の席での冗談やガセネタだとも思えないような気が筆者なんかはするのですが・・・。

散髪令や混浴、盆踊りの取締なども

この楠本県令、明治期の新潟では近代化を推し進めるために「散髪令」をだして髷を無理やり切り落としたり、それ以外にも「公序風俗を乱す旧習」として、公衆浴場での混浴、通りに洗濯物を干すこと、公共の場で裸になること、盆踊りなどを取り締まるなど、厳しいイメージが常につきまといます。

それ故、彼にまつわるこのようなエピソードを知ると、ついついほっこりしてしまうのは筆者だけではないはずです。

その後,1876(明治9)年に相川県を合併し,最終的に1886(同19)年に福島県の東蒲原郡が編入されて現在の新潟県の県域が確定しました。

関連画像