テックビューロ ホールディングス株式会社は、ナレッジオンデマンド株式会社株式会社翻訳センターと共同で、「働き方改革」で昨今注目を集める在宅勤務者(テレワーカー)や個人事業主(インディペンデントワーカー)などのリモートワーカー管理に当社ブロックチェーンラットフォーム「mijin」を活用した実証実験を実施いたしました。
報道関係者各位

テックビューロ ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ ホールディングス」または「当社」)は、ナレッジオンデマンド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:宮下 知起、以下「ナレッジオンデマンド」)と株式会社翻訳センター(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:二宮 俊一郎、証券コード2483、以下「翻訳センター」)と共同で、「働き方改革」で昨今注目を集める在宅勤務者(テレワーカー)や個人事業主(インディペンデントワーカー)などのリモートワーカー管理に当社ブロックチェーンラットフォーム「mijin」を活用した実証実験を実施いたしました。

今回の実証実験は、翻訳センターが契約するフリーランスの翻訳者を対象に行い、ブロックチェーン技術を活用したリモートワーカー管理では世界で初めての試みになります。

これまで企業の雇用主や発注者は、在宅勤務者や個人事業主などのリモートワーカーの情報漏洩に繋がる行為を把握し阻止することは、運用と技術の両面から難しい状況にあり、宣誓書などで信頼するしかありませんでした。

今回の実証実験では、リモートワーカーのアクティビティをブロックチェーン上に記録することでリアルタイムに不審行動を検知し、リモートワーカーへの抑止力になることにより印刷による情報の持ち出しや外部媒体へのデータ書き出し、第三者へのデータ送信、ネットで情報公開する事故などの情報漏洩リスクから企業を守ります。

検証した仕組みは、クライアントPCのログを取得する市販製品と組み合わせて実現しています。既存のセキュリティ製品と組み合わせた利用が可能で、センターサーバーから集中管理する方法に比べて、簡易かつ低コストに監視ソリューションを構築できることが特長です。低コストにワーカーのセキュリティ状態を監視できるソリューションとして、リモートワーカーの監視用途以外にも、製造業における協力会社が非常駐で発注元の技術情報を扱うケースなど、幅広く活用できることを想定しています。

今後、リモートワーカーを抱える企業がますます増えることが予想され、ワーカーの情報保護に対する意識を高め、支援する今回の取り組みは、企業のコンプライアンスマネジメントの手法の一つとして評価できると考えています。
なお、実証実験で得た成果および今後の実用化に向けた取り組みに関して、以下にてセミナーを開催いたします。

<開催概要>
名 称:第5回 mijin 活用セミナー
日 時:2019年1月31日(木)15時30分~17時00分(開場:15時00分)
会 場:THE FINTECH CENTER of TOKYO『FINOLABイベントスペース
    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階
    https://finolab.jp/aboutus/
主 催:テックビューロ ホールディングス株式会社
講 演:「リモートワーク管理のアーキテクチャ ーセキュアクライアント実現の仕組みー」
                    ナレッジオンデマンド株式会社 代表取締役 宮下 知起 氏
    「翻訳センターにおけるBC活用の意義と今後 ーユーザー検証と今後の活用ー」
                    株式会社翻訳センター 社長付 IT企画担当部長 深田 順一 氏
    「BCのビジネス活用の現実と今後のトレンド ー本実証実験の評価と未来ー」
                    GIFTED AGENT株式会社 河崎 純真 氏
応 募:以下URLより必要事項を記入の上、ご応募ください。
    http://bit.ly/2TCQxPv
締 切:2019年1月24日(木)17時
定 員:70名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費:無料
対 象:企業・団体に属し、ブロックチェーン事業に関わる一般社会人の方々
※応募多数の場合、抽選になる可能性があります。予めご了承ください。
※お問い合わせは、下記ホームページよりお願いいたします。
https://mijin.io/contact/

◼︎ mijin 採用の理由
mijin」は、非改ざん性とユーザー認証・暗号化に優れたプライベート型ブロックチェーン製品で、アプリケーションとの接続性が高く、データの送受信をシンプルに行えます。既存アプリケーションの機能追加時にも「mijin」を用いることで最低限の作業で迅速にブロックチェーンを導入することができ、大幅な工数・時間・コストの削減が期待できます。完全な分散ブロックチェーンネットワークを構築可能なため、グローバルに事業展開するエンドユーザーが利用するアプリケーションシステムの高可用性を持つバックエンドとして活用できることから、「mijin」が採用されました。

◼︎ mijin について
mijin」は、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアです。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境が構築できる他、実質的なゼロダウンタイム環境を実現します。「mijin」は「NEM」のコア開発者が当社に合流して開発した金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで幅広くご利用頂ける、「NEMプロトコル」を採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品です。

◼︎ ナレッジオンデマンド株式会社について( http://www.kodnet.co.jp/
ナレッジオンデマンドは、技術文書や企業内文書の作成・共有プロセスのICT化、製品マニュアル・業務マニュアルの電子化を専門とするドキュメント専業のシステムインテグレーターです。
アトラシアン社「Confluence*」をプラットフォームに用い、文書の作成・共有・配布をエンドツーエンドで実現する「WikiWorks」、業界標準規格DITAに対応した「Smart.DITA」などの開発・販売を行っています。
*Confluence (コンフルエンス) :アトラシアン社が開発した企業向けWikiで、108カ国9,300社以上に利用されています。知識・情報共有を一元管理することが可能で、テキスト、表計算シート、画像や動画などを含むページを、協同作成し共有することができます。

◼︎ 株式会社翻訳センターについて ( https://www.honyakuctr.com/ )
翻訳センターは、特許、医薬、工業・ローカライゼーション、金融・法務分野での翻訳事業を主軸に、通訳、派遣、コンベンション、通訳者・翻訳者育成など、言葉に関するサービスを展開する「外国語における総合サプライヤー」です。これまでに約4,400社のお客様に対し、グローバル化を支援するための最適なソリューションを提供しています。

◼︎ テックビューロホールディングスグループについて ( https://techbureau.com/
テックビューロホールディングスグループは、日本、北米、欧州に拠点を置き、仮想通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」とトークンの発行販売を用いた資金調達ソリューション「COMSA」など、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

詳しくは以下URLをご覧ください。 ※本文中のサービス名、商品名等は、該当する各社・団体の商標、または登録商標です。

配信元企業:テックビューロ ホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ