外環道の高谷JCT~三郷南IC間が開通したことで、首都高を経由していた交通が外環道に移るなど、その効果が出ています。しかし一方で、外環道の既存区間では渋滞回数が増えているといいます。

首都高経由の交通が外環道へ

国土交通省関東地方整備局とNEXCO東日本関東支社、首都高速2019年1月9日(水)、外環道千葉区間の開通により、首都高を経由していた東北道東関東道の交通の約8割が外環道に移ったと発表しました。

2018年6月2日外環道の高谷JCT~三郷南IC間が開通。東京から放射状にのびる関越道東北道常磐道などに加え、新たに京葉道路東関東道外環道でつながりました。

首都高経由が99%だった東北道東関東道間の交通は、この開通により首都高経由が24%、外環道経由が76%に変化。おもな経由地だった首都高C2中央環状線・6号線の堀切JCT~小菅JCT間交通量は開通前から1割減り、1日あたり13万4500台になっています。また、中央環状線とその内側の首都高渋滞損失時間は、3万4100台時/日から2万5300台時/日へ約3割減少しました。

開通区間の市川市松戸市の一般道では、43の主要交差点で交通量が約1割減少。南北に走る一般道でも通過時間が短縮しています。特に千葉県道1号市川松戸線(松戸街道)の松戸二中前交差点から市川広小路交差点までの通過時間は、最大4割減の約12分まで短縮しているといいます。

一方、外環道既存区間の川口JCT~三郷JCT間では交通量が約2割増加し、約3か月間の渋滞回数が、外回り43回・内回り34回から、開通後は外回り289回・内回り538回に増加。これを受けNEXCO東日本は、渋滞の原因となるサグ部(下り坂から上り坂にさしかかる凹部)に、速度回復を促す標識や速度低下を抑制する標識を設置するなど、対策を進めています。

外環道千葉区間開通前後における東北道~東関東道の経路と渋滞状況の変化(画像:NEXCO東日本)。