fire1_e


 おめでたい新年を迎えるカウントダウンパーティーは花火が上がったりイルミネーションが輝いたり賑やかなものだと相場が決まっている。

 しかし、2018年が終わりに近付いたそのとき、オランダ・南ホラント州スヘフェニンゲンリゾート地では賑やかだのなんだのといっていられない大混乱となっていたようだ。

 伝統行事を行っていたところ激しい炎が燃え上がり、高さ約50mもの渦巻く旋風となってビーチを襲ったのだ。

―あわせて読みたい―

竜巻怖えぇえええ!竜巻直撃でたった30秒で作業場がめちゃくちゃになった現場映像
まるでCG、だけどリアル!スーパーセルから発生した完璧なる巨大竜巻(アメリカ)
米ミズーリ州で22日、史上最悪級の巨大竜巻が風速85m(秒)で通過し被害者続出
天変地異感が半端ない!カナダで発生した竜巻がすごすぎて明日はどっちだ!
ジリジリ竜巻が接近。建物を吹き飛ばし海水を巻き上げなら目前に迫ってくる衝撃映像(アメリカ)

毎年恒例のたき火大会が火災旋風となって襲いかかる!


Dutch Firefighters BattleFirenadoes’ at New Year Celebration

 このエリアでは、カウントダウンパーティーとしてビーチでたき火をするのが毎年恒例となっているそうだ。

 今年もそれが行われていたのだが、燃料の木製パレットが風にあおられて大きく燃え上がり、高さ約50mという巨大な火災旋風(firestorm)が発生したのである。

fire4_e


 火災旋風の発生条件等は解明されていないが、普通の火事ではなくまた竜巻でもない。

 ダストデビル(塵旋風)のように乾燥した空気が旋回しながら炎を持ち上げて巨大な炎の竜巻を作る現象だ。

fire2_e


来年のカウントダウン・パーティーはたき火中止の可能性も


 この日、発生した火災旋風はビーチをところ狭しと動き回り、これをひと目見ようとたくさんの人々が押し寄せ、そのため消防隊による消火活動に支障があってはと機動隊まで出動する騒ぎになった。

 翌日の早朝に火は完全に消えたがいくつかの建物が火災に遭い、しかし幸いなことにケガ人はいなかったらしい。

fire3_e


 とはいえかなりの騒動になったのは事実で「伝統行事だとしても安全性に問題があるのでは?」と議論を呼んでいるようだ。

 次回から実施されない可能性もあるみたいだけどそれはそれでさみしい感じもするよね、ただまたこういった騒ぎにならないとは限らないし・・・う~ん。

References: written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52269677.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

これはちょっとした天国。生後7週間のゴールデンの子犬たちにまみれる夢動画
テスラ社の自動運転車がAIロボットをひき殺すという事案(アメリカ)
一度は行きたい!のか?77匹のライオンに囲まれながら泊まれるレンタルハウス「ライオンの家」(南アフリカ)
デヴィットリンチが手掛けたアディダスCMがとてつもなくシュール(1993年)
ロシアのモフふわキャットホシコさん、予防接種を受ける

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

未来の家具はジャガイモの皮から作られるかも。ポテトチップ工場の廃棄物を再利用して板を作る方法が開発される
ついに謎が暴かれる?2019年、地球の秘密を明かすかもしれない7つの調査
ロシアがソビエト連邦時代に建造された、ブルータリズム様式の近未来的建造物
宇宙ヤバイ!想像を超えたブラックホールの大きさを視覚的にわかりやすく様々なものと比較した動画
人類の月面着陸が本当だったということを証明する7つの簡単な方法
ファイアーッ!新年を祝うビーチで焚火イベント、炎が暴走して火炎旋風になっちまった件(オランダ)