女子フィギュアケーターで女優の本田望結が2019年の目標としてスケートを「本気でやりたい」と言い切った。

 新春早々に東京都内で妹の紗来とアイススケートリンクでのイベントに出席。華麗なパフォーマンスで観客を魅了した。今後もフィギュア、女優業の両立は「継続」としながらも、これまで好きでやっていたスケートを「本気でやりたい。トップを目指す」と明言した。

「子役時代から頭角を現して、それなりの存在感はありますが、やはり彼女の持ち味は姉・本田真凜の存在ありきですからね」(芸能関係者)

 だが、そんな真凜も昨年2月の平昌オリンピック出場を逃し、今シーズングランプリシリーズでも6位が最高と、完全にくすぶっている。まだ17歳と将来があるとはいえ、早ければ五輪に出ても、20代前半に現役引退するスケーターは多い。実際、ソチ五輪代表だった村上佳菜子は22歳だった2017年に引退の道を選んでおり、プレーヤーとしての平均寿命が延びているスポーツ界において、短命な競技であるともいえる。

 それだけに、本田三姉妹の価値下落は「目に見え始めている」とテレビ局関係者は肩を落とす。

「もともとルックスがよくてテレビ映えするので、メディアは真凜に注目した。その妹たちもそこそこ可愛く、望結に関しては大手芸能事務所のプッシュもあった。ですが、長女が秀でてないとやはり価値下落は避けられません。テレビ、CMキャスティングの会議でも、彼女たちの名前が消えかかっています」

 現状、女子フィギュアで「急上昇株」なのは、NHK杯優勝で本田3姉妹と同世代の紀平梨花だという。ライバルの台頭もあり、このままもてはやされた本田3姉妹は消えてしまうのか。

EQWELチャイルドアカデミーYouTubeチャンネルより