あの、元ボクシング世界ヘビー級チャンピオンマイク・タイソンが大麻をテーマにした音楽フェスティバルを開催します。詳細は以下から。

20歳でWBC世界ヘビー級王座を獲得し、史上最年少で世界ヘビー級チャンピオンとなったことで知られる元プロボクサーのマイク・タイソン。日本でも知名度は高く、ファミコンソフトマイク・タイソン パンチアウト!!」を覚えている人も少なくないのではないでしょうか?

そのマイク・タイソンは現在、レクリエーション目的の大麻が合法化されたカリフォルニア州のデスバレーの南西100kmにある、人口1万4000人のカリフォルニアシティ「タイソン農場(Tyson Ranch)」という40エーカーの大麻農場を経営しています。

マイク・タイソンは古くから医療大麻の支持者としても知られており、今回の農場もカリフォルニアシティのJennifer Wood市長らの全面的な支援を受けて作られています。

また現在の40エーカーの農場に加え、大麻の栽培や品種改良を大麻農家に教授するための学校の設立を意図しており、さらには野外劇場や宿泊施設、グランピング施設なども建設される予定となっています。

そして、2019年2月23日マイク・タイソンはこの農場でKIND Music Festivalという大麻をテーマにした音楽フェスティバルを開催します。

会場はタイソン農場を中心とした412エーカーの広大な敷地で、フードエリアやバーはもちろん、大量のビーンバッグチェアの置かれるチルアウトゾーンや遊具ゾーンなども設営されます。全年齢対応とのことで、家族での参加も可能となっています。

出演者としては現在ミゲルStarcrawlerYONEEの名前を公式サイトで確認することができます。

注意点としては、まだタイソン農場の発足から日が浅いためか、主催者によるレクリエーション目的の大麻の販売や譲渡などは行われません(将来的には実施する予定とされています)。

ただし持ち込み禁止物品の中に大麻は含まれていないため、このフェスティバルで大麻を楽しみたい人は、州内のどこかの販売店で買って持ち込めばいいということになります。

【マイク・タイソンが「大麻フェス」を2月に開催、自分のカリフォルニア州の大麻農場にて】を全て見る

マイク・タイソンが「大麻フェス」を2月に開催、自分のカリフォルニア州の大麻農場にて