中古住宅リノベーションを軸としたライフスタイル提案事業“レノバライフFUKUOKA”を今春スタート

レノバライフプロジェクトメーンビジュアル
株式会社九州TSUTAYA(本社:福岡市、代表取締役:鎌浦 慎一郎)と株式会社三好不動産(本社:福岡市、代表取締役:三好 修)、株式会社シェルフアソシエイツ(本社:福岡市、代表取締役:坂口 敬司)の3社は、マンションや戸建てなどの住宅リノベーションに関する総合的なライフスタイル提案事業「レノバライフFUKUOKA」を、福岡都市圏を中心に共同で行っていくことで合意しました。

九州TSUTAYAは「GOOD LOCAL GOOD TSUTAYA」をビジョンとした福岡に拠点を構える企画会社です。2014年福岡市スタートアップカフェ」、2016年TSUTAYA BOOK GARAGE 福岡志免」、2017年「六本松 蔦屋書店」と九州の皆様に新しいライフスタイルを提案する場を地域に根差して創って参りました。

三好不動産は、管理物件戸数福岡No.1など豊富な実績を背景に、不動産の賃貸仲介・売買仲介以外にもAirbnbとの業務提携による民泊事業への本格参入など新規関連事業を手がけており、住宅リノベーションにおいても独自のブランド展開を計画中です。
写真左からシェルフアソシエイツ代表取締役の坂口敬司、九州TSUTAYA代表取締役の鎌浦慎一郎、三好不動産ソリューション事業部・住宅流通事業部部長の堂脇善裕。
六本松 蔦屋書店 リノベーター展示展開パース

今回の共同事業はこうした両社の積極的な動きに、商業施設から一般住宅まで幅広い分野の空間開発を手がけるシェルフアソシエイツのノウハウを加えることで実現しました。不動産会社、商業施設、複数のリノベーション会社、フィナンシャルプランナーなどが一堂に会し、中古住宅の紹介・仲介、リノベーション提案、ライフスタイル提案までを一気通貫で提供する新しい試みとなります。事業の本格的な展開は2019年の春からを予定していますが、まずはその前哨戦として2月9日から14日間、リノベーション業界をリードするトップリノベーターたちを招いたキックオフイベント「レノバライフウィーク in 六本松 蔦屋書店」を、六本松 蔦屋書店イベント・展示スペースで開催します。

配信元企業:株式会社シェルフアソシエイツ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ