女性ながらどんな男性よりもカッコいいイケボで、インターネット上で高い人気を博している「いかさん」が、「松岡侑李」名義でミニアルバム「.A」をリリースした。

【大きな画像をもっと見る】

2019年1月9日リリースされたミニアルバム「.A」を皮切りに、3か月連続でミニアルバムリリースする松岡侑李(まつおかゆうり)さん。歌い手としてのみならず、声優、俳優としてさまざまなフィールドで活動している彼女だが、今回はなぜ従来の「いかさん」ではなく、「松岡侑李」名義でCDリリースに至ったのか。また、本作を制作するうえで何を考えたのかを、じっくり語っていただいた。

このインタビューを読んだうえでCDを聴くと、また新たな魅力が見えて……いや、聴こえてくるはず!

 

歌、声優、舞台……さまざまな経験を積んだ1年半

――お久しぶりです。ずいぶんと久々のリリースですよね。「いかさん」名義でリリースした3rdアルバム「夢現∞タイムトラベル」以来の新作となります。

 

松岡 それが2017年の3月……かな。もう、約1年半強経ちましたね。


1stシングル「にじゆめロード」&3rdアルバム「夢現∞タイムトラベル」リリース記念! いかさん・ロングインタビュー【前編】
1stシングル「にじゆめロード」&3rdアルバム「夢現∞タイムトラベル」リリース記念! いかさん・ロングインタビュー【後編】 

――その久々のリリースが、「いかさん」ではなく、声優・俳優で活動するときの名義「松岡侑李」でのリリースになるということで、まずそのお話をうかがおうかなと思います。その前にまず、この1年半強、どのような活動をしていたのかを教えてもらえますか?

 

松岡 そうですね。音楽活動としては、いかさんとして同人的なシーンで歌いつつバースデーライブいかさん生誕祭2018 -Birthday Live Jewel-)をやったりしていました。あとは本当に舞台に出演する機会に恵まれていた1年半強でしたね。お芝居を勉強しようと思って舞台に出させてもらうようになって、そこから「松岡侑李」という名前が始まった感覚があります。2018年なんか、半年で4本とか出てて。

 

――しかも、けっこう重要な役回りをやることが多かったですよね。

 

松岡 そうですね、ありがたいことに。なので、そういうところでいろいろ勉強もさせていただきながら、音楽的にも幅を広げられた1年だったんじゃないかと思います。

 

――ミュージカル『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』では、千里という娘役もやられてましたよね。すごく意外でした。

 

松岡 そうなんです、初めての女性役で。

 

――いろいろな演技をやられて、得るものや印象に残ってることはありましたか?

 

松岡 今までは「歌」っていうものに対して「こういう風に作りあげていきたい」みたいなビジョンが強くあったんですけど、お芝居を始めてからはビジョンに向かって作りあげていくというよりは、自分を作品に落とし込んでいくっていう風になってきたような気がします。そんな風に、考え方にも影響はしてるかなとは思いますね。

 

――舞台で演じるということは、例えば演出家の表現したい世界観に、自分という素材をはめこんでいく作業でもありますからね。

 

松岡 自分の……「こうもっていきたい」っていう方向はありつつも、やっぱり演出家さんと相談して、「こういう方向にしていきましょう」と調整していくみたいな。そう考えると、自分の意見というものが強かった時代っていうのが「いかさんの時代」かなって思っていて、たくさんの人と相談しながらよりいいものを作りあげていくっていうのが、「松岡侑李が生まれてからのスタイル」になってきてるのかなと思います。

 

――この期間に声優としても活躍されていました。もともと声優としての勉強もされていたと前回のインタビューでお話しされていましたが。

 

松岡 舞台を始めたのは、もともと声優という道に興味があって、舞台という身体を動かすお芝居が根幹にあったほうが、やっぱり声のお芝居にも生きてくるかなと思って始めたんです。とはいえ、やっぱり体を動かすお芝居と声のお芝居って全然違うなっていう感触があって、どの世界も奥が深いなと。

 

――いろいろな形の演技を通じて、新しい自分を開拓していった感覚ですか?

 

松岡 そうですね。

 

 

――そして久しぶりのCDリリースに至るわけですが、今回は「いかさん」ではなく、「松岡侑李」名義でリリースされます。

 

松岡 一度これはライブでも発表はしてるんですけど、今まで、「いかさん」「たこさん」をはじめ、「声を七色に分けて歌います」というのが、自分のメインスタイルだったんですが、喉を壊していた時期もあったんです。

 

――いろいろなキャラクターを使い分けることで、喉に負担がかかってたんでしょうか。

 

松岡 うーん、どうなんでしょうね。もしかしたら年齢もあるのかもしれないですけど。

 

――いやいやいや、まだまだ若いじゃないですか(笑)。ただ、いろいろ無理した部分もあったのではないかと。

 

松岡 きっと普段、声を使い分ける分には問題なかったと思うんですけど、たとえば、風邪をひいた時に出す裏声みたいなのが、もしかしたら祟(たた)ってたかなぁと思います。

あと高い声――「たこさん」の声が安定しない時期があって……その頃、プロデューサーさんから「一番の魅力は男性のような地声を出せるというところ」「一度、そこで勝負してみよう」って言っていただけたことがあって「なるほど」と思うようになったんです。当初は、今回のアルバムも「いかさん」名義でリリースする予定だったんですが、そこから「本来の自分の声で勝負をしてみよう」って思ったのが、「松岡侑李」としてリリースすることに決めたきっかけです。

七色の声」というものをけっこう飛び道具的に使っていたところがあって、それが表現だって思っていた時もあったんですね。でもやっぱりそれだけじゃなくて、飛び道具を使わずに、地の自分で勝負をしたいというか……その中で表現の幅を広げていければと思うようになったんです。

 

――たとえばそれまでは、多少なりとも「いかさん」というキャラクター性があったと思います。また「みんなが求めるいかさん」という理想像みたいなものもあるかと思うのですが、それを全部脱ぎ去って、「松岡侑李」という素の自分で勝負することになった際、どんなことを考えましたか?

 

松岡 楽にはなったかな、っていうのは少しあります。いかさんの時は、やっぱりどうしても「こういう声色を作っていきたい」みたいな意識が強かったんです。だけど「松岡侑李」になった瞬間「ありのままでいいんだ」ってなって。……別に枷(かせ)になっていたわけではないんですけど、なんか本当に自由に表現ができるなって。違うベクトルでやれるな……っていうのは思いましたね。

 

――さっき、「七色の声で歌うことが表現だと思っていた時期があった」っておっしゃってたじゃないですか。それに対して、素の自分での表現も「表現」になりうると。

 

松岡 そうですね……。「自分は声色がすべてだ」って、まあすべてとは思わなくてもやっぱり大部分を占めてるって思っていたんですけど、「全然そんなことないな」とは思いましたね。素の自分で表現したものは、やっぱり心の中から出てくるものでした。思い返してみると「いかさん」の頃って、そこはそこでこだわってすごい作り抜いてはいたんですけど、表面的にこだわっていたのかなって思いましたね。

 

――では「松岡侑李」では、自分の感情や思うことを表現することに……。

 

松岡 重きを置いています。置けていると思います。

 

今、自分が出せる一番のものを出す

――今回リリースされるミニアルバムは3部作なんですよね。

 

松岡 はい、そうなります。やっぱりコンセプトをしっかり分けて、いろんな姿を見せたいなという思いがあって、その中でも「.A(ピリオドエー)」は1枚目なのでインパクトを見せていきたいと。どうしても演技だけでなく、音楽面でも「いかさん」から「松岡侑李」にシフトいくということに対して、(言葉を選びつつ)……うん、簡単には受け入れられない人ももしかしたらいるんじゃないかなって、そういう心配はありつつも、でもやっぱり「ここから変わるよ」っていう、意思表示もしたかったんです。

 

――1枚のアルバムで出すという案もありましたか?

 

松岡 はい、ありました。もともとはそう考えていて、1枚の中にストーリーを作るという案もありました。でも今考えると、またストーリーを作って、となってくると、もしかしたら「いかさん」から離れきれなかったのかなと思いますね。たぶん、またその中の登場人物たちを演じてしまっていたのかなって。

 

――では、意図的に「いかさん」とは真逆の方向に振ろうという意識は最初から?

 

松岡 はい、ありましたね。

 

――確かに「.A(ピリオドエー)」を聴かせていただいた時、ナチュラルな印象というか「あっ、自由に羽ばたいてるなあ!」っていう感触だったんです。

 

松岡 ありがとうございます

 

――いかさんとしての作品を聴いた時は、歌の世界のキャラクターを演じながら歌っている、という印象があったんですね。それはそれですごくいいものだったんですけど、でも今回は「松岡侑李」っていう人間が歌っている、という印象がすごく強くて。だからやっぱり、声も歌い方も基本的にナチュラルですよね。

 

松岡 そうなんです、逆にキャラクターとかは考えないようにしています。

 

――そのせいか、たとえば「Burn!」のセリフの部分がより際立ってて、「これは新しいぞ」とビックリしたんです。そんな「.A」のコンセプトをうかがいたいのですが、どういうイメージで制作されたのでしょうか?

 

松岡 「松岡侑李」として最初に世の中に出るCDなので、鮮烈なスタートが切れれば、ということで「情熱の赤」をイメージしていました。そのうえで、今自分が出せる一番のものを作りあげようという意識はありました。その中でも、「Burn!」は確実に1枚目の1曲目だろうと。ほかの曲も……結構パワフルな曲が多いですね。

 

 

――どの曲も粒ぞろいですよね。では順に収録曲についてうかがいたいと思います。まず「Burn!」ですが、けっこうあおってる感じの歌詞が楽曲にハマっててかっこいい1曲ですよね。

 

松岡 そうですね。すごくかっこよくてあおってる感じの曲ではあるんですけど、でも実は「たやすいって思ってたけど、実は転がされてるのは自分のほう」……ていう弱いところが出てきて、そこがこの曲の味だったりもするのかなと。

 

――最後にちょっと、へたれた部分が出てくるっていうね。この曲は間に入ってくるセリフすごいフックになってて、徐々に感情が変化していっているじゃないですか。その部分の表現力がすごいなと思いました。

 

松岡 ここはどれくらい演技の方向に振るか、ちょっと悩んだところでした。あくまで音楽の中でのセリフパートなので、演技っぽくしすぎててもちょっとクサいかなと思ったりもしましたが、やっぱり棒というのも違うし。最初はどういう風にしようかなっていう迷いはありましたね。ただ言葉がしっかり伝わるのが一番いいかなと思って、今の形に落ち着きました。本当に1つひとつの言葉をしっかり聴かせています。そういう面で、演技で得たものが出ている個所かもしれません。

ただセリフが多いっていうのも、初めは表題曲にするにあたってちょっとトゲがありすぎるかなっていう懸念もあったんです。でも、やっぱり自分の声をたくさん聴いてもらいたいというところで、声を詰め込んだ1曲になりましたね。

 

――この曲ではMVも撮影されていますが、MV撮影自体は今回が初というわけではないですよね?

 

松岡 これまで撮ったことはあるんですけど、CDを買ってない方も観られるMVを撮ったのは初めてですね。

今回はしっかりダンスも取り入れたりしてみました。振り付けの方もいらっしゃったんですけど、これも新しいチャレンジだったなと思いますね。

 

――「イディオティックエレジー」も、その流れを汲んだ重めのロックナンバーですね。

 

松岡 そうですね。これは重たいですね。これを2曲目に持ってきたのは、全体のバランスも考えて、というところもありますね。

 

――「Burn!」とあわせて、男性視点の曲ですね。

 

松岡 全体的にも、そんな曲が中心の構成にはなっています。

 



多くのスタッフたちと作りあげた世界観

――個人的に、3曲目の「Mind Bounce」が大好きなんです。

 

松岡 あ、自分もすごく好きです。

 

――浮遊感があるというか、一定のリズムが流れる中で、メロディが泳いでいくみたいな。

 

松岡 なんか自由な感じがしますよね。こういう曲って、あまり歌ったことがなかったんです。

 

――そうですよね。だから、これもまた新しいな、と感じた1曲です。

 

松岡 やっぱり新しいことが好きなんですね。今まで、なかなかこういう曲を歌う機会もなかったので、そういう点で好きっていうのもあります。この曲は、歌詞から本当に強い意志を感じますね。基本的に、ほとんどの曲に対して最初に自分からストーリーや構想をお伝えして制作をお願いしているんですが、この曲はその中には入ってなかったものなんです。

作曲をしてくださってる尾澤拓実さんが詞も書いてくださっているんですけど、本当に自分がこれからやっていきたいことだったり、自分の意志に沿っているなって。自分から出てきたものではないんですけど、でもすごく腑に落ちる感覚があります。

 

――尾澤さんから投げられたボールを、歌という形で投げ返してみて、どんな感覚を覚えましたか?

 

松岡 そうですね…すごく開けた感じはありますね、この曲自体もですが。

 

――次の「ジプソフィラ」は、ムーディーなバラード曲ですね。特にサックスが大人っぽさを演出していてグッときますし、結城アイラさんの歌詞も耳に残りました。

 

松岡 この曲は、最初サックスっていう点でちょっと古い感じにならないかなっていうのは、スタッフの皆さんとも話していました。でもなんだか逆に新鮮で、すごくドラマチックで、スッと入ってくるような歌になったかなと思います。

 

――イメージ的には、松岡さんよりだいぶ上の世代の方が聴かれていた楽曲というか。

 

松岡 そうですね。ただこの曲は、プロデューサーさんとも話している中で、世の中に出る最初の松岡侑李のCDを、この先、もし「松岡侑李」を知らない人が初めて聴いても古いと思われたくない。何年後に聴いてもいい曲だなと思ってもらいたい。そのために必要なのは、やっぱり生音なんじゃないか、という話になったんです。その中でもいつ聴いても色あせない、古くから使われている楽器って管楽器なんじゃないか。という話になって、サックスをフィーチャーした楽曲になったんです。

 

――生音がキーだったんですね。

 

松岡 そうなんです。「いかさん」の時は、基本的に打ち込みで楽曲を作っていただいてたんですけど、今回はほとんど生音で収録しています。「松岡侑李」としては、生音っていうところにもこだわりたいなと思っています。

 

――そして最後の「E.X.I.T」。結城アイラさんが作詞で、作曲は元Fo'xTailsの鳴風さん。編曲は、先ほども話題に出た尾澤さんという強力な布陣ですが、これもまた非常にかっこいい1曲で。

 

松岡 自分自身も勇気づけられる、背中を押されるような1曲ですね。きっとこの曲は、たくさんの人の背中を押していけるんじゃないかなと思います。

 

――アルバムラストを飾る曲ですが、ここからまた次があるんだ、というイメージのある楽曲ですね。

 

松岡 そうですね。この曲が終わりに来るかなとは思っていたんですけど、でもやっぱりおっしゃる通りで、ここからのスタートを飾る曲でもあります。

これはもしかしたらお話ししたことがあるかもしれないんですけど、以前はどうしてもスタジオ収録みたいなのが苦手だったんですよね。(それまでの作品は)自分自身で作りあげてくる世界だったので、初めてスタジオに入った時なんかは、ディレクションをしてくださる方やアドバイスくださる方に、「や、でも自分はこう思ってるので」って言ってみたり。若かりし頃は反発をしたりもしたこともあったので、今回も心配だったんですけど、皆さんのおかげですごくやりやすい環境でしたね。

たくさん人がいらっしゃったっていうのもあります。やっぱり多数の意見があると、絶対的な安心もありますし。あと今回は、比較的女性に向けた男性目線の曲が中心というのもあって、女性のスタッフにも意見をもらいました。「ここはこう歌ったほうがいいんじゃない?」とか「ここはもうちょっとクサくても、もしかしたらいいかもね」みたいに、「なるほど」と思わせられることがたくさんありました。

新しい環境でしたが、自分もなんだかんだ経験や年数を積んできたんだなとも思えるレコーディングでしたね。

 

――舞台も、それこそ集団作業ですからね。

 

松岡 そうですね、そこも大きいと思います。やっぱり自分が思う演技と周りの意見が食い違うこともあるんですが、そこでどう折り合いをつけるか、みたいなところを通じて成長できたのかなと思います。

 



自分を曲に寄せるのではなく、自分に曲を寄せた制作スタイル

――先ほど生音にこだわりたい、とおっしゃっていましたが、これは最初から考えていたことでしょうか?

 

松岡 制作の過程で、「これも追加していきましょう」みたいな感じで、どんどん比率が増えていった感じです。確かにバンドサウンドベースに、という感じではあったんですが、サックスも生ならピアノも生がいいよね、みたいに楽曲を作っていくうえで「もっとやりたい」というこだわりが出てきたんです。

レコーディングの時も、バンドの演奏を録る時に一緒に仮歌も録らせてもらったんです。すると自分の歌に合わせたバンドサウンドになって、新たなサウンド、グルーヴがそこで生まれてくる感覚がありました。

 

――今までだとボカロPさんが作ったオケに歌を寄せていく、というアプローチだったのが、今回は自分に周りが寄せてくる音づくりになって、っていうイメージですね。

 

松岡 はい、そうですね。その肌触りの違いは音にすごく出ていると思います。ボカロ曲を歌う時は「こう歌えばこの曲がいちばん映える」みたいな考え方だったり、できるだけ自分が楽曲に寄り添っていく、っていう歌い方だったと思うんです。でも今回は自分の内から出てくるものに重点を置いて、それに周りの方が寄り添ってくださって、いいものを作っていけたかなっていう、感触がありますね。

 

――自分の中から出てきた音作りというのは、今まで体験したことはありますか?

 

松岡 いや、なかったですね。

 

――例えば、過去の「いかさん」としてのアルバムにも書き下ろし曲があったとおもうのですが、その曲ともまた違う感覚ですか?

 

松岡 そうですね。書き下ろし曲も、確かに書き下ろしていただいた曲ではあるんですけど、やっぱり当時は曲のよさをこういう風に出していきたい、みたいな思いが強かったですね。まあ、こだわっていたっていうのはあるんですけど、やっぱりちょっと変な風に凝り固まってはいたのかな、とは思います。とは言え、当時のよさというのも必ずあるとは思うんですけど。

 

――ただ「松岡侑李」というアーティストとして出す以上は、自分というものをまず出さなければ、と?

 

松岡 そうですね。

 

――たとえば「.A」収録曲の中で、そういった要素がいちばん出ているのはどの曲でしょうか?

 

松岡 「E.X.I.T」かな……。自分は言葉に出すのが正直、得意なほうではないんですけど、本当に代弁してくれている曲ですし……。あ、でもそう考えると「Mind Bounce」もそうですかね……。

どの曲に関しても、自分が今までの人生で経験してきたことに当てはめられますし、そういう思いがあります。

 

――「いかさん」ではなく、「松岡侑李」としてリリースされた理由というのがわかったような気がします。やっぱり、みんな「なんでいかさんじゃないの?」って思うと思うんですよね。自分も、それこそ役者をやられているので、いろいろな事情から「松岡侑李」名義にシフトしていくのかな……と思ったりもしたんですが、そうではなく、もっとシンプルに表現者としての思いがそこにあったと。

 

松岡 そうなんです。

 

――その結果完成した、1枚目の手応えはいかがですか?

 

松岡 すごくいいものになっていると思います。自信をもって聴いていただきたいですね。

 

――では、今後の活動は、「いかさん」と「松岡侑李」を並行していくのでしょうか。

 

松岡 はい。「松岡侑李」ではコンセプトをしっかり持って皆さんにお届けしていくっていう形で、「いかさん」のほうでは、あくまで自分のホームを忘れずに。そしてある程度自由に、楽しくやっていけたらなと思っています。それぞれに違ったよさがあると思うので。どちらもいい方向に活用していければなと思っています。

ただ2つ名前があることによって、方向性がぶれてしまうみたいなことはないようにしたいですね。それぞれにしっかり軸を持たせて、進んでいければと思います。

 

――オンとオフを切り替えるというか、昔の友達と遊ぶときは「いかさん」で、みたいな。

 

松岡 あはは(笑)。そうですね。

 

――ちなみに、引き続きリリースされる「.B」と「.C」は、どんな内容になりそうですか?

 

松岡 それぞれ「.A」とは違った、新しい一面を見せていけると思います。「.A」から「.C」まで、3段階で成長していく姿に注目していただければと思います。これからも真っすぐ、がんばります。

 

 

 

「松岡侑李」の魅力は等身大の歌声

――最後に改めて昨年、2018年はどんな1年だったかをうかがえますか?

 

松岡 2018年……。

 

スタッフ 一瞬で終わったよね(笑)

 

――忙しかったですか?

 

松岡 忙しかったですね。気持ちが忙しかったです。

 

――常に舞台もあったし。

 

松岡 やっぱり自分のためになるって思うので、いただいた話はありがたく受けたい。すべてがんばっていきたいっていう思いもあったんですけど、それにしてもちょっと詰めすぎたなという感じはあります(苦笑)。やっぱり舞台っていうのは拘束時間がどうしても長くなってきますしね。でも本当に濃い、充実した1年ではありました。

 

――プライベートのほうはどうでしたか? お友達と遊んだりする時間はあったりしましたか?

 

松岡 ……なかったかなぁ。ただ、食べることは好きなので。食べ物に妥協はしたくないんですよね。

 

――それが割とストレス発散というか。

 

松岡 そうですね。喉を大事にしたいっていう思いが、よりいっそう強まった1年でもあったりはしたので、たとえば高校生の時なんかはカラオケに行くことは本当に多かったんですけど、それが全部服を見たり、ご飯を食べたり、そっちに振られてる感じはありました。

あとは趣味というか……最近マイブームにしたいことがありました。落語を聞き始めました。また古臭いかなって思われそうですけど。

 

――落語、僕も好きですよ。

 

松岡 あ、本当ですか! なにかおすすめとかありますか?

 

――林家正蔵の高座が泣けるんですよ。オススメです(笑)。今はまだCDで聞いたりって感じですか?

 

松岡 はい。本当に入門の入門だとは思うんですけど、「時そば」だったり「死神」なんて面白いですよね。いろいろ勉強にもなるだろうし、表現の幅も広がるのかなと思って手は出してみたかったんですけど、最初はどうしても敷居が少し高かったんです。ただ、周りの落語好きの方にオススメを教えてもらったり、出かける前の準備をするような何気ない時間に、本当に何気なく耳に通してみたりと習慣化することによって、まずは抵抗がなくなっていって次第に楽しめるようになってきたかな、っていうのが最近ですね。

「あ、こういう風に話すと、聴いてる方は『お?』ってなるのかな」っていう間があったりして、すごく勉強になりますね。

 

――いつか落語にも挑戦する日がきたり……。

 

松岡 あっはっは(笑)。……でも本当に、なんでも挑戦していきたいので、そうですね。いつかはそういうものもやっていければな、とは正直少し思ってはいます。

 

――では、今度は2019年の目標をお願いします。

 

松岡 「いかさん」をメインにしていたところから「松岡侑李」にシフトしていくということで、やっぱり「松岡侑李」をたくさんの方に知っていただきたい。そんな1年にしたいと思っております。

 

――ズバリ、松岡侑李の魅力をひと言でいうと何ですか?

 

松岡 ……等身大の「歌声」を聴かせていくところ。そして、本当に「かっこいい」の世界をお届けするところ、ですね。

 

――そのコメントがかっこいいと思います! ありがとうございました

 



【CD情報】

■.A(読み:ピリオドエー)/松岡侑李

・発売中

・価格:初回限定盤(CD+DVD)2,300円(税別)、通常盤(CD)1,800円(税別)、ぽちゅーん限定盤(CD+DVD+GOODS)5,500円(税別)

・発売元:エグジットチューンズ

 

DVD収録内容>

Burn! Music Video

・撮影風景オフショット

 

<特典内容>

・特製バンダナ

オリジナルレザーブレスレット

・ロゴアクリルキーホルダー

※特典の数に限りがございます。

※特典内容は変更になる場合がございます。

 

<収録曲>

1. Burn!

2. イディオティックエレジー

3. Mind Bounce

4. ジプソフィ

5. E.X.I.T

 

ライブ情報】

Yuri Matsuoka Release Live .A .B .C

・日時:2019年4月21日(日) 

・会場:代官山UNIT

・チケット料金:スタンディング(整理番号付)4,500円(税込)
※3歳以上有料 ※ドリンク代別途必要

・「.A」にチケット最優先申込券封入!
申込期間:1月9日(水)18:001月27日(日)23:59


>> 「七色の声の持ち主」いかさんから「等身大の歌声」の表現者・松岡侑李へ……ミニアルバム「.A」リリース記念!松岡侑李ロングインタビュー の元記事はこちら
「七色の声の持ち主」いかさんから「等身大の歌声」の表現者・松岡侑李へ……ミニアルバム「.A」リリース記念!松岡侑李ロングインタビュー