0110ushikuma_eye

9日、12月18日~19日に開かれたFOMCの議事趣旨が公表されました。ここに書かれた内容を確認しながら、今後の為替や米株市場の先行きについて解説します。(『牛さん熊さんの本日の債券久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

ドル円は再び105円割れとなる可能性も…

12月のFOMC議事録では、参加者の多くが株価下落を懸念

米連邦準備理事会(FRB)は9日、2018年12月18日~19日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。参加者の多くが株価下落を懸念して「インフレ圧力も落ち着いており、追加の政策判断を様子見できる」と表明していた(日経新聞電子版)。

12月20日の米国株式市場は、FOMC後の声明で緩やかな利上げを続ける姿勢を維持したことなどから下落していたが、議事要旨にあったニュアンスが含まれていれば、市場はそれを好感していた可能性がある。

ウエル議長はもう少し市場のセンチメントを意識していれば、反応は異なっていたはずである。

それはさておき、FOMC議事要旨の内容からは、先行きの景気不安が拭えなければ、2015年末に始まった利上げサイクルを打ち切る可能性もにじませるものとなっている(日経新聞電子版)。

このあたりは市場と共通認識であるように思われる。今年に入り、金融市場ではFRBの利上げ継続は難しいとの認識もあらためて強まり、1月3日に米10年債利回りは2.55%に低下していた。

1 2