女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を果たす、2月18日スタートドラマ『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の主題歌が、竹内まりやセルフカバー曲『ミラクル・ラブ』に決定した。併せて、森矢カンナ、芦名星ら追加キャストも発表となった。

【写真】橋本環奈主演『1ページの恋』場面写真&追加キャスト

 本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の星野有利(古川雄輝)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ

 主題歌になった『ミラクル・ラブ』は、デビュー40周年を迎えたシンガーソングライター竹内まりやが、91年に牧瀬里穂に提供した楽曲を、自身が改めてカバーしたもの。身近にいた運命の人と恋に落ちる奇跡を歌う同作は、本ドラマで描かれる若者たちのまっすぐな純愛や、「人を好きになることって奇跡」という劇中の台詞とシンクロしている。

 竹内は、「新しいメディアである『AbemaTV』のドラマに採用していただき、とても光栄に思います」と喜びを見せ、「『1ページの恋』の台本を読ませていただきましたが、橋本環奈さんのみずみずしいイメージにぴったりだと思いました。恋への純粋なときめきや不安な想いを、この歌で一緒に分かち合えたら嬉しいです」と語っている。

 また本作を彩る追加キャストとして、森矢カンナ、滝沢沙織、芦名星、渋谷謙人、八木アリサ田口浩正らの出演が発表された。

 ドラマ『1ページの恋』は、AbemaTVにて2月18日より毎週月曜23時放送。

『1ページの恋』で主題歌を担当する竹内まりや(C)AbemaTV