国の特別天然記念物で絶滅危惧種ニホンライチョウが50年前まで生息していた長野県・中央アルプスの木曽駒ケ岳(2956メートル)で昨年確認され、環境省などは来年度、このライチョウに有精卵を抱かせてふ化させる試験を始める。野生復帰と生息域拡大への第一歩としたい考えだが、天敵対策など課題も残る。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら