ロボットひき逃げ事件か!?

今年1月8日から11日にかけて、米ラスベガスにて国際家電見本市「CES(コンシューマーテクノロジーアソシエーション)」が開催されている。

世界中から最新技術を使った家電が一堂に会し、”巻けるテレビ”や、”瞬時にお湯が沸くヤカン”など、人々の生活を大きく変えるだろうガジェットが注目を集めている。

その陰で、なんとも悲惨な事故が発生してしまった。

なんと、会場近くに貸し出されていたロボットが、自動運転車にひかれてしまったのである・・・。
SFみたいな事故の一部始終がコチラだ。

ひかれてしまったのは、ロシアプロモボット社が開発している「プロモボットV4」。

接客などをするペッパー君のようなロボットで、今回のCESには、なんと1日約21万円(2000ドル)で貸し出されていたという。

この日も道案内のために道沿いに居たそうだが・・・、そこに、テスラモーターズのモデルSが登場。

勢いよく車体を当てていき、プロモボットはばたりと倒れてしまう。なのにモデルSは気づかずにそのまま走っていき、50メートル先でやっと止まったという。

その後のプロモボット社の報告によると、頭部や腕、動力部分が壊れてしまったそうで、深刻なダメージを負っているとのこと。

テスラの自動運転車に乗っていたジョージカルデラ氏は、英紙”DailyMail”の取材に対しこのように語っている。

「道には誰もおらず、車も人もいませんでした。

自動運転モードに切り替えて車を走らせてたら・・・・ああーっ!ロボットいるじゃん!と気づきました。

やっちゃったな~、とおもってたら、車はお構いなしに真っ直ぐぶつかっていったんです。

プロモボットが可愛かったので、申し訳なかったです。開発者のみなさんにも謝罪したくなりました・・・。」

このニュースを知った人からは、「広告(アド)ってついてるだけに、テスラアドブロック(広告排除ソフト)を入れてるんだな」「なんで道端に放置しとくの!?」「可哀想だけど笑える」といったコメントが相次いだ。

もしかしたら、ロボットとAI同士で知られざる戦いが繰り広げられているのかもしれない。仲良くしてくれ・・・。

今回の賠償金はとんでもない額になったことだろう。

 

参照元:YoutubeDaily Mail

【ロボVSロボ】テスラの自動運転車が路上にいるロボットをひく!