[ブリュッセル 10日 ロイター] - ベルギー漫画家エルジェが手掛けた人気コミックタンタンの冒険」が誕生してから今年で90年を迎える。

生誕90年を記念して初期の作品「タンタンのコンゴ冒険」のデジタル版の出版が計画されているが、内容が人種差別的だとの批判が出ている。

主人公の少年記者タンタンと相棒犬スノーウィが当時のベルギー領コンゴを冒険する様子を描いたこの作品。真っ赤な唇をして、腰に布を巻いた現地の黒人が登場するが、この描写が風刺的だと問題視されている。

ただ、出版社はそうした批判を一蹴。ベルギーの裁判所も約10年前に、作者エルジェの人種差別的な見解はみられないと指摘し、作品の禁止を求めるコンゴ人活動家の訴えを退けている。

 1月10日、 ベルギーの漫画家エルジェが手掛けた人気コミック「タンタンの冒険」が誕生してから今年で90年を迎える(2019年 ロイター/Eric Vidal)