狩野英孝

10日深夜放送『エイコーさん』(フジテレビ系)で狩野英孝(36)が「軽自動車が買えるくらい課金している」意外なゲーム愛を熱弁し、大きな話題となっている。

 

■狩野と人気声優が…

お台場スマホゲーム会社「フジゲームス」内にある、ジャパンカルチャーで栄光に輝く人々が集まる極秘の社内バーで、プロフェッショナル・エイコーさんからゲーム開発のヒントを探る新番組が『エイコーさん』だ。

狩野英孝、富田美憂、山田麻莉奈(画像はフジテレビ『エイコーさん』公式Twitterスクリーンショット

マスター役は狩野英孝アルバイト役を富田美憂(19)と元HKT48メンバーでもある山田麻莉奈(23)ら人気声優が務める。

第1回目の放送となった今回。内容を知らされていない狩野がゲストとして迎えられ、ゲーム愛を語る展開となった。

 

■狩野の課金事情

ゲーム・アニメSNSにドはまりしている「オタク」と紹介された狩野は、「昔から家に閉じこもってずっとやってきた。オタクっちゃオタク」と自身も納得の様子。

現在はPS4スマホゲームにハマっており、深夜2時に帰宅してもゲームは必ずプレイ、「やらないと今日が終わらない」とゲーム熱を覗かせる。

ハマっているPS4バスケゲーム『3on3 FreeStyle』ではキャラクターを早く強化するには課金が必要とのことで、「後日、明細を見てやっちゃったなと後悔する」ほど課金。これまでゲームに「軽自動車が買えるくらい」課金してきたことを明かした。

■視聴者の反応は?

富田らも「ほかにやることなかったんですか」と引き気味になった狩野の課金事情。さらには母親と東京ゲームショウに行ったことも明かすなど、ゲーム好きのイメージがなかった狩野の告白に、視聴者からも驚きの声が漏れている。

声優7人組ユニット『Kleissis』のメンバーでもあり、声優ファンから熱い視線を注がれる富田と山田への反響も目立っていた。

 

■オタクの半数以上に「課金経験アリ」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,400名を対象に調査したところ、全体では1割程度が「課金経験アリ」と回答。そのなかで、「オタク」を自認する人たちの半数以上に課金経験があることが明らかとなった。

スマホ課金

狩野も自身をオタクと認め、「自分の愛すゲームならどんな課金も後悔なし」と胸を張って語った。これからも「どんどん課金していく」と意気込む狩野は、ある意味オタクの鑑なのかもしれない。

・合わせて読みたい→狩野英孝が大物オネエ系タレントと三股疑惑!?本人は否定せず

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年1月20日2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名(有効回答数)

狩野英孝、驚きのゲーム愛を明かす 「軽自動車買えるくらい課金してる」