ハワイ諸島に生息するAchatinella apexfulvaというカタツムリの最後の1匹が、2019年1月1日に死んだことを国土資源省(Department of Land and Natural Resources)が発表しました。

【画像:森の宝石と呼ばれたカタツムリ】

 この種が世間に知られたのは1787年のこと。ジョージ・ディクソン大尉がオアフ島に立ち寄り、殻を使った“レイ”を贈られたことで注目されました。

 Achatinella apexfulvaは円すい状で縞模様の殻が特徴。生息地域にアクセスしやすいことなどから大量に捕えられ、数が減少してしまいました。

 保護と繁殖のため、1997年には確認できた最後の10匹がハワイ大学の研究室に運ばれ、何匹かの子孫が誕生するも、残されたのは1匹のみに。

 ジョージと名付けられた最後の1匹は約14歳まで生存。記事などで取り上げられる機会も多く、ハワイの子どもたちに愛されてきた存在でした。

 ハワイには750種以上のカタツムリが生息していますが、別の種類も絶滅の危機に直面しているとのこと。これを防ぐため、SNAIL EXTINCTION PREVENTION PROGRAMカタツムリ絶滅防止プログラム)を通して保護活動が行われています。

※画像はhawaii.govのサイトより

ハワイに生息していた「Achatinella apexfulva」