TVアニメデート・ア・ライブ」の第三期「デート・ア・ライブIII」がいよいよ放送開始。スタッフキャストインタビューを通じて、その魅力を探る連載企画。第1回の橘公司先生に続き、五河士道役の島﨑信長さん、夜刀神十香役の井上麻里奈さんに対談取材を行いました。後半となる今回は、「デート・ア・ライブ」を演じてきた思い出を振り返りながら、第三期の見どころに迫ります。

「デート・ア・ライブIII」第1話より

――これまで「デート・ア・ライブ」を演じてきて、思い出に残っているシーンを教えてください。

島﨑 全部思い出深いので、難しいな……。

井上 確かに、そうだよね。あえてあげるなら、「II」で反転した十香が徐々にいつもの十香に戻っていくシーンが思い出に残っています。

島﨑 僕も「II」ですね。士道は八舞姉妹を助けるために、初めて〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を振るいました。原作では詳しい描写があるのですが、〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を使うと反動で士道の体が犠牲になるんですよ。例えるなら、内臓がボロボロの状態に。アニメではその辺りのことは詳しく説明されていないのですが、そこをうまく表現したいなと思って演じていたことを覚えています。

――「デート」といえば、キャラクター同士の関連性も魅力です。

島﨑 そうですね。僕が「III」で注目してほしいのは、四糸乃よしのんの関係ですね。序盤を見ていると、なにかヒントがあるかもしれません。あとは、十香と折紙の関係性。あの2人って、じつは仲いいんですよね。

井上 ううん、全然。

島﨑 あれれ(笑)。でも、僕から見ていると、2人はどこか通じるところがあると思います。捨て置けぬ関係があるというか。

井上 本当のところをいえば、同じ人を好きなだけあって、十香と折紙には通じる部分もあるなと思います。「III」の第1話でも、あることにまったく同じタイミングで気づくエピソードがあって、そんなところからも共通項を感じられます。

島﨑 そのことに気づく理由ですが、僕は折紙の訳よりも、十香のそれのほうが好きですね。もちろん、どちらも愛を感じますけどね。(詳しくはぜひアニメ第1話をお楽しみに!)

井上 あと、関係性でいえば、八舞姉妹が私は好きですね。

島﨑 お互いに思い合って、譲れないものがあるけれど、譲りたいみたいな。切ない関係がいいですね。決して自己犠牲だけではなく、自分が望みながらも相手に譲りたいという気持ちが本当にすばらしい。

井上 そうそう。今までのエピソードのなかで、八舞姉妹のところがいちばん泣けたかも。切なくていい話だなと思いながら、アフレコブースにいました(笑)

――「III」では七罪も登場し、多数の魅力的なキャラクターが活躍します。そのなかでも、特にお気に入りは?

島﨑 十香と四糸乃で揺れていますね(笑)

井上 以前、イベントで七罪が好きって言ってなかった?

島﨑 七罪は、原作を読んで気に入ったのですが、まだ動くところをちゃんと見ていないので。七罪は素の部分が好きなんですが……。詳しくは「III」をご覧ください!

井上 そう、一粒で二度おいしいみたいな感じです(笑)

島﨑 あと、ゲームで登場した園神凜祢(そのがみりんね)も好きです。

井上 好きなキャラクターが増えたね!?

島﨑 幼なじみに弱いんですよ。凜祢もそうですが、幼なじみキャラって、素直でいい子が多いじゃないですか。それなのに、鮮烈なヒロインが現われて主人公はそっちとくっつくみたいなことがあって。それが切なくて応援したくなるんです。

井上 「ドラゴンクエストV」で、ビアンカフローラなら、ビアンカを選ぶ方?

島﨑 いや、でも、筋を通すならフローラだと思うんですよ。……って、この話は長くなるのでまた今度(笑)

井上 四糸乃もお気に入りだったと思うけど。

島﨑 もちろん好きですよ。でも、パートナーという意味では、十香と凜祢がいいなと。四糸乃は僕が想像しているとおりに成長すると、十香、凜祢と並んでパートナー三強になります(笑)

井上 あれ、育っていいの? 四糸乃子どもだから好きだと思ってた(笑)

島﨑 もちろん、成長していいですよ! (原作イラスト担当の)つなこさんには、「大人版の四糸乃を描いてください」とずっとお願いしているんですよ。で、井上さんのお気に入りは誰ですか?

井上 私は誰だろ……。難しいな。みんな、いい子なんですよね。でも、あえて選ぶとしたら、八舞姉妹ですね。理由は繰り返しになるけれど、士道を巡って対立しながらも、それでもお互いをいちばん大事に思っている姿に泣けるからです。

――最後に、「III」の見どころとメッセージをお願いします。

井上 今までの精霊たちとはまた違ったタイプの精霊・七罪が登場し、作品がさらに華やかになります。そして、今回はあのキャラクターのあんな部分が見られるはず。私も一ファンとして楽しみにしているので、みなさんも楽しみにしてください!

島﨑 士道が精霊たちを攻略する過程はもちろん楽しみなのですが、仲良くなってからのドタバタなやり取りが大好きです。「III」でも、いろいろな大事件にハラハラしつつ、精霊やラタトスクたちの仲のいい姿、ASTやDEM社との緊迫感のあるやり取りなどをぜひ楽しみにしてほしいです。最後まで見届けてください!(WebNewtype・【取材・文:星政明】)

「デート・ア・ライブIII」第1話より