AFP通信などは11日、JOCの竹田恒和会長が2020年東京五輪招致を巡る汚職に関わった疑いでフランスで訴訟手続きを開始されたと報じた。司法当局筋の情報として、竹田会長は昨年12月10日東京五輪招致に関して230ユーロ(約2億3000万円)を払った疑いで訴訟手続きが開始されたという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

JOCの竹田恒和会長=東京都千代田区で、西本勝撮影