AIAS(The Academy of Interactive Arts & Sciences、双方向芸術と科学のアカデミー)は、2018年ベストゲームを決める第22回DICEワードノミネート作品を発表した。

(画像はDICE Awards公式サイトより)

 ゲーム・オブ・イヤーにはゴッド・オブ・ウォーInto the BreachMarvel’s Spider-Manレッド・デッド・リデンプション2Return of the Obra Dinnがノミネート。他部門別で見ると、『ゴッド・オブ・ウォー』と『Marvel’s Spider-Man』が11部門で最多、しかし『ゴッド・オブ・ウォー』はキャラクター部門ではクレイトスとアトレウスが別々にノミネートされているため、計12個のノミネートとなる。

(画像はDICE Awards公式サイトより)

 他には『レッド・デッド・リデンプション2』、『Return of the Obra Dinn』が6部門、Detroit: Become HumanASTRO BOT:RESCUE MISSION』『Florence』が4部門でノミネート。またドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてモンスターハンター:ワールド二ノ国II レヴァナントキングダムがロールプレイング・オブ・ザ・イヤーにノミネートされており、競い合うことになる。授賞式は現地時間2月13日発表。ゲーム業界の有力な開発者らによって構成されるAIAS会員の投票によって決まる。

 なお「D.I.C.E.アワード」の「DICE」とは、Designデザインをする)」、「Innovate(革新を起こす)」、「Communicate(コミュニケーションをする)」、「Entertain(楽しませる)」頭文字からきている。

 1996年に発足され、ゲーム賞ではもっとも権威がある賞のひとつである。もともとは映画のアカデミー賞ゲーム版を作る意図で創設され、無記名投票やノミネートなどのプロセスイベントの放映などがアカデミー賞から踏襲されている。第一回目はゲーム・オブ・ザ・イヤーゴールデンアイ 007が受賞している。前回のゲーム・オブ・ザ・イヤーゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドが受賞している。今回はいったいどの作品がその栄冠を手にするだろうか。

 全ノミネート作品は以下の通り。


アニメーションにおける卓越した業績
(Outstanding Achievement in Animation
ゴッド・オブ・ウォー
『GRIS』
Marvel’s Spider-Man
Moss
レッド・デッド・リデンプション2

■アートディレクションにおける卓越した業績
(Outstanding Achievement in Art Direction)
Detroit: Become Human
ゴッド・オブ・ウォー
『GRIS』
Marvel’s Spider-Man
レッド・デッド・リデンプション2

キャラクターにおける卓越した業績
(Outstanding Achievement in Character
Assassin’s Creed Odysseyカサンドラ
ゴッド・オブ・ウォー(アトレウス
ゴッド・オブ・ウォークレイトス
Marvel’s Spider-Manピーター・パーカースパイダーマン
レッド・デッド・リデンプション2アーサーモーガン

オリジナル作曲における卓越した業績
Outstanding Achievement in Original Music Composition
Detroit: Become Human
『Forgotton Anne』
ゴッド・オブ・ウォー
Marvel’s Spider-Man
Tetris Effect

サウンドデザインにおける卓越した業績
(Outstanding Achievement in Sound Design
バトルフィールドV
Detroit: Become Human
ゴッド・オブ・ウォー
Marvel’s Spider-Man
Moss

ストーリーにおける卓越した業績
(Outstanding Achievement in Story
Assassin’s Creed: Odyssey
『Florence』
ゴッド・オブ・ウォー
Marvel’s Spider-Man
『Return of Obra Dinn』

■技術的業績における卓越した業績
(Outstanding Achievement in Technical Achievement
ASTRO BOT:RESCUE MISSION』
バトルフィールドV
ゴッド・オブ・ウォー
Marvel’s Spider-Man
レッド・デッド・リデンプション2

アクションゲーム・オブ・ザ・イヤー
Action Game of the Year)
Call of Duty: Black Ops 4』
『Celeste』
Destiny 2: Forsaken
『Far Cry 5』
Shadow of the Tomb Raider

アドベンチャーゲーム・オブ・ザ・イヤー
Adventure Game of the Year)
Detroit: Become Human
ゴッド・オブ・ウォー
Marvel’s Spider-Man
レッド・デッド・リデンプション2
Return of the Obra Dinn

ファミリーゲーム・オブ・ザ・イヤー
(Family Game of the Year)
ASTRO BOT:RESCUE MISSION』
星のカービィ スターアライズ
『レゴ DC スーパーヴィランズ
Starlink: Battle for Atlas
Unravel Two』

格闘ゲーム・オブ・ザ・イヤー
Fighting Game of the Year)
ブレイブルー クロスタッグバトル
ドラゴンボール ファイターズ
SOULCALIBUR VI』
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

レースゲーム・オブ・ザ・イヤー
(Racing Game of the Year)
『F1 2018』
Forza Horizon 4
『Wreckfest

ロールプレイングゲーム・オブ・ザ・イヤー
(Role-Playing Game of the Year)
Assassin’s Creed Odyssey
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
モンスターハンター:ワールド
二ノ国II レヴァナントキングダム
Pillars of Eternity II: Deadfire

スポーツゲーム・オブ・ザ・イヤー
Sports Game of the Year)
FIFA 19』
マリオテニス エース
MLB The Show 18』

ストラテジーシミュレーションゲーム・オブ・ザ・イヤー
Strategy/Simulation Game of the Year)
Bad North
『Frostpunk
Into the Breach
Northgard』
RimWorld

■VR技術の卓越した業績
(Immersive Reality Technical Achievement
ASTRO BOT:RESCUE MISSION』
Beat Saber
『Dr. Grordbort’s Invaders』
Tonandi』
Torn』

■VRゲーム・オブ・ザ・イヤー
(Immersive Reality Game of the Year)
ASTRO BOT:RESCUE MISSION』
Beat Saber
Moss
『Sprint Vector
Transference

■インデペンデントゲームにおける卓越した業績
(Outstanding Achievement for an Independent Game
『Celeste』
『Florence』
Into the Breach
Minit』
Return of the Obra Dinn

■ポータブルゲーム・オブ・ザ・イヤー
(Portable Game of the Year)
『Dandara』
Donut County』
ドラガリアロスト
『Florence』
『Oddmar』

オンラインゲーム・オブ・ザ・イヤー
Online Game of the Year)
Destiny 2: Forsaken
Fortnite
Laser League』
レッド・デッド・リデンプション2
Sea of Thieves』

ゲームデザインにおける卓越した業績
(Outstanding Achievement in Game Design
ゴッド・オブ・ウォー
Into the Breach
Marvel’s Spider-Man
Return of the Obra Dinn
Subnautica

ゲームディレクションにおける卓越した業績
(Outstanding Achievement in Game Direction)
『Florence』
ゴッド・オブ・ウォー
Marvel’s Spider-Man
レッド・デッド・リデンプション2
Return of the Obra Dinn

ゲーム・オブ・ザ・イヤー
Game of the Year)
ゴッド・オブ・ウォー
Into the Breach
Marvel’s Spider-Man
レッド・デッド・リデンプション2
Return of the Obra Dinn

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman