1月6日に開催された第76回ゴールデン・グローブ賞では、真っ黒だった昨年と比べて、さまざまなデザインカラーの華やかなドレスレッドカーペットを彩った。

【写真を見る】ワースト常連のハイディ・クルムから、普段オシャレなあの人まで!不評ドレスを総まとめ【画像21枚】

今年のトレンドの一つ、ラッフルドレスボールガウンドレスにスリットが入ったデザインは、バランス感が難しいこともあって、不評ドレスとして挙げられているケースが多いほか、例年通り柄物や過剰な飾りが敬遠されるのも特徴で、今年もベストレッサーの常連がワーストに名を連ねている。

SNSの普及により、昨今では言論の自由を謳うアメリカでも、以前のようにあからさまにファッションを酷評できない風潮にあるが、それでもベストがあるなら、反対にワーストもあるもの。多数のメディアの意見をまとめてみた。

ワーストドレッサーの常連で異次元ファッションで楽しませてくれている45歳のハイディ・クルムが、今年もワースト入り。29歳の婚約者とレッドカーペットを歩いたが、若返りを意識したのかモニーク・ルイリエのボールガウンドレスチョイスカラーは黒だが、胸が半見えの透け素材のボディスと、カラフルな3Dの花があしらわれたお姫様スカートウエストにはリボンという年齢不相応の賑やかすぎるデザインが、プロムドレスのようでコミカルと不評だった。

いつもはシンプルおしゃれルーシー・リューが選んだガリア・ラハヴのワンショルダーのドレスは、ペールピンクオーガンジー素材にカラフルで煌びやかなデザインローズゴールドのベルト、ハイネックのオーガンジー素材のチュールが安っぽいという理由で、エリー・サーブのヒョウ柄ドレスチョイスしたアン・ハサウェイは、メタリックなボディスにシルバーのベルト、スリットの入ったボリューミーなドレスデザインが賑やかすぎることや、ワイルドアニマル柄が授賞式にふさわしくないことからワーストに選ばれている。

またアンバー・ハードの、ボリューミーなヘアスタイルに、モニーク・ルイリエの黒いビスチェタイプのボディスに白いドレスマリー・アントワネットを思わせる中世風のお姫様を意識したようだが、左右アシンメトリックエッジの効いたイヤリングは「ルネッサンスファッションモダンな要素を取り入れようとした失敗例」「上下白黒に分断されたデザインも、ウエスト部分が下がりすぎて背が低く見え、バランスが悪い」と不評で、「せっかく美しいのに、最近のファッションを見る限りスタイリストを解雇すべき」といった声まであがっている。

また同じくモニーク・ルイリエを選んだケイリー・クオコの、トップスが紺のベルベットにボトムスが白いドレスウエストには黒いベルベットリボンという装いもあまり評判がよくなかったようだ。

ベストレッサーの常連で期待値が高いペネロペ・クルスは、今回ラルフ&ルッソの黒地に紫の煌びやかなボールガウンドレスチョイス。ホルターネックの後ろで結んだベルベットの大きなリボンドレスデザインが不評だったほか、バーガンディカラーで統一したハル・ベリーは、ラフすぎるポニーテールに、自慢の胸が大胆に露出したプランネックにスリットの入ったボトムスがアシンメトリックなズハイル・ムラドのシースルードレスが、ベストドレスとみなされなかったようだ。

また、アリソン・ブリーのヴェラ・ウォンカスタムメイドドレスは、オーガンジー素材のドレスがまるでディズニーのお姫様のようだが、ジュエリーがあしらわれたブラトップとのアンバランスという理由で、シンガーソングライタージョアンナ・ニューサムのロダルテのヌードカラードレスは、エプロンのような胸元のハートとうるさすぎるデザインが、ソフィア・カーソンが着ていたジャンバティスタ・ヴァリのモノトーンのドレスも、まるでエプロンのようなトップスのフリルウエストの黒いリボンスカートフリルが不評だった。

他には、ケイトマーラの豊かな胸元が強調された煌びやかなトップスに、ハイウエストオレンジ色のミュウミュウドレスと一風変わったヘアスタイルには、ケイトファンですら「どうしちゃったの?スタイリストは解雇よ」とツイートするほど。

アルベルタ・フェレッティのハンサムな黒いタキシードスーツを選んだジュディ・グリアは、フェミニンなポニーテールオーバーサイズダブルブレザーワイドパンツがアンバランスだったうえに授賞式にはふさわしくないと言う理由で、デブラ・メッシングの手染めのフェザーを1000以上も使った手の込んだパメラ・ローランドシルバーと黒のドレス、個性的なジャネール・モネイが選んだシャネルエジプトコレクションのドレスクレア・フォイのイエローミュウミュウドレスコンスタンス・ウーの下着のようなボディスのヴェラ・ウォンのヌードカラードレスジェシカ・チャステインのボディスのウエストラインが低めの黒いバーバリーのドレス、マーヤ・ルドルフの黒いヴァレンティノの全身ラッフルドレスにも厳しい審判が下された。

男性ではジョニー・デップの娘リリーローズと交際中のティモシー・シャラメの全身真っ黒なシャツとパンツルイ・ヴィトンのハーネスが、アフターパーティドレスでは、クリスチャン・アドネヴィックの下着のように薄いバレリーナのコスチュームのようなボディスにオーガンジー素材のスカートに間隔のあいた3段重ねのフリルドレスを着ていた45歳のケイト・ベッキンセールが、年甲斐のないドレスとしてワーストに選ばれている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

ワーストは誰?今年も個性豊かなドレスが続出