bell1


 どこで誰とどんな風に新年を迎えるか、大みそかの過ごし方は人それぞれである。しかし、こんな過ごし方をする人は・・・まあいないんじゃないかな?

 アメリカカリフォルニア州サリナスにあるシルビア・ドンカンさん宅で昨年の大みそか、とても奇妙な事件が起こったみたいなんだ。

 見知らぬ男が玄関までやってきて、ドアホン(玄関チャイム)を3時間もペロペロとなめ続けたのだ。ドアホンを鳴らすのであれば普通だがなめ続けるとなると・・・どういうことだってばよ

―あわせて読みたい―

そりゃ捕まるわ。目立つことこの上ない突出したヘアスタイルをした犯罪者たちのマグショット最新図鑑
いやそれバレるから・・・犯罪者の苦しすぎる咄嗟の言い訳、ベスト10
侵入成功!うれしくなってつい踊ってしまった犯罪者のダンスを監視カメラがとらえていた(アメリカ)
逆にこれで見つけた方が神だわ。目撃者が描いた漫画風似顔絵が決めてとなって窃盗犯が逮捕された件(アメリカ)
「ただしイケメンに限る」ってか!元ギャングの犯罪者が人気モデルに華麗なる転身を果たす

他人宅のドアホンを3時間もなめ続ける男が現る


Raw: California man caught licking doorbell

 この日、シルビアさん宅の監視カメラがとらえた映像は衝撃的なものだった。見知らぬ男が玄関先までやって来て、ひたすらドアホンをなめていたのである。

 男はドアホンを3時間ほどなめ、立ちションをし、なぜか延長コードを庭の方に移動させた。

 シルビアさん夫妻は外出しており、家の中で子どもたちが寝ていたが、物音で起こされることはなかったという。

bell2


監視カメラにバッチリ映りすぐに特定される始末


 サリナスの警察はこの男をロベルトダニエル・アロヨ(33歳)と特定し、行方を追っている。

 サリナスの警察の広報担当者は、

防犯カメラの映像があまりにも鮮明だったので驚いたが、そのおかげで犯人を特定するのに時間はかからなかった

コメント

 またシルビアさんは今回の事件について、

なんだか笑っちゃうわよね。彼は誰も傷つけていないし、何も壊していないし、その後私たちは怖い思いをしていない。でも、この件で、いかに自宅のセキュリティが大切かが分かったわ

と語っている。

bell4


 ロベルトダニエル・アロヨはシルビアさんの隣人宅のドアホンもなめたかもしれず、うろつきとちょっとした窃盗という2つの軽犯罪に問われる可能性があるという。

 そもそもどうしてドアホンを舐めたくなったんだろう?そういう種類のアレなんだろうか?詳しいことは分からないわけだが、映像を見る限り、かなりなめ慣れている感じはするよね。

References: KION-TV / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52269710.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

事故でトラックから大量の骨なしチキンが道路に流出。車を止めてチキンを拾う人が続出し大渋滞(アメリカ)
眼鏡技師が撮影した1950年代のシュールで奇妙な家族写真(アメリカ)
一般的な自己愛とナルシシズム(自己愛性パーソナリティ障害)の違いは何か?
見知らぬ男性に誘拐されそうになった女性、慌てて駆け込んだ場所が空手道場!犯人は適切に対処される(アメリカ)
人は統計的な考えと倫理的な考えとの狭間で葛藤を抱える。統計的な判断を批判するも自分も同じ判断をしてしまう

―動画の紹介記事―

スプーンに乗りそうな小さな子猫、心優しい家族のもとで成長中
球場を独り占め。巨大スクリーンでマリオカートをプレイするという夢のような体験を果たしたプレイヤー(アメリカ)
目が見えなくなった犬をやさしくいたわりながら添い寝する猫
こうしてこう。こうなってこう。最強のフェイシャルマッサージ機を手に入れた猫の至福の時
羊毛?いやちゃうねん、サモエドの春はこうなるって!飼い主さんもお疲れ様でした
ペロペロ、ぺペロペロ・・・玄関チャイムを3時間舐め続けた男をとらえた監視カメラ映像(アメリカ)