no title

 どこで誰とどんな風に新年を迎えるか、大みそかの過ごし方は人それぞれである。しかし、こんな過ごし方をする人は・・・まあいないんじゃないかな?

 アメリカカリフォルニア州サリナスにあるシルビア・ドンカンさん宅で昨年の大みそか、とても奇妙な事件が起こったみたいなんだ。

 見知らぬ男が玄関までやってきて、ドアホン(玄関チャイム)を3時間もなめ続けたのだ。ドアホンを鳴らすのであれば普通だがなめ続けるとなると・・・どういうことだってばよ

―あわせて読みたい―

そりゃ捕まるわ。目立つことこの上ない突出したヘアスタイルをした犯罪者たちのマグショット最新図鑑
いやそれバレるから・・・犯罪者の苦しすぎる咄嗟の言い訳、ベスト10
侵入成功!うれしくなってつい踊ってしまった犯罪者のダンスを監視カメラがとらえていた(アメリカ)
逆にこれで見つけた方が神だわ。目撃者が描いた漫画風似顔絵が決めてとなって窃盗犯が逮捕された件(アメリカ)
「ただしイケメンに限る」ってか!元ギャングの犯罪者が人気モデルに華麗なる転身を果たす

他人宅のドアホンを3時間もなめ続ける男が現る


Raw: California man caught licking doorbell

 この日、シルビアさん宅の監視カメラがとらえた映像は衝撃的なものだった。見知らぬ男が玄関先までやって来て、ひたすらドアホンをなめていたのである。

 男はドアホンを3時間ほどなめ、立ちションをし、なぜか延長コードを庭の方に移動させた。

 シルビアさん夫妻は外出しており、家の中で子どもたちが寝ていたが、物音で起こされることはなかったという。

bell2


監視カメラにバッチリ映りすぐに特定される始末


 サリナスの警察はこの男をロベルトダニエル・アロヨ(33歳)と特定し、行方を追っている。

 サリナスの警察の広報担当者は、

防犯カメラの映像があまりにも鮮明だったので驚いたが、そのおかげで犯人を特定するのに時間はかからなかった

コメント

 またシルビアさんは今回の事件について、

なんだか笑っちゃうわよね。彼は誰も傷つけていないし、何も壊していないし、その後私たちは怖い思いをしていない。でも、この件で、いかに自宅のセキュリティが大切かが分かったわ

と語っている。

bell4


 ロベルトダニエル・アロヨはシルビアさんの隣人宅のドアホンもなめたかもしれず、うろつきとちょっとした窃盗という2つの軽犯罪に問われる可能性があるという。

 そもそもどうしてドアホンを舐めたくなったんだろう?そういう種類のアレなんだろうか?詳しいことは分からないわけだが、映像を見る限り、かなりなめ慣れている感じはするよね。

References: KION-TV / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52269710.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

重機を操縦して完璧なホットドッグを作ってみるチャレンジ。見事大成功!
ネアンデルタール人は高度な狩猟技術を有していた(英研究)
20代前半の時の知能が、晩年の賢さや認知に影響するという研究結果(米研究)
いったいなぜ!?アパレルショップで購入した靴下に人骨が入っていた件(イギリス)
あまり地質学者を怒らせない方がいい。いたずらされ自分の車の前に岩を置かれた学者のリベンジ!

―動画の紹介記事―

今日はあまりいい日じゃなかった?でも大丈夫、可愛い子犬たちの寝顔に癒されて眠りにつこう
キャビア仕様のケチャップだと?ハインツがバレンタイン用に開発した新商品が、キャビアというよりイクラだった件
パソコンで猫画像を見ていた時の犬の反応
電子楽器好きなら一度は行きたい!世界最大数のシンセサイザーを集めた「スイス電子音楽博物館」
またゼウスが駄々をこねてるし。「もっと雪の中にいたい!」とワガママを言うシベリアンハスキー
玄関チャイムを3時間舐め続けた男をとらえた監視カメラ映像(アメリカ)