1月12日(土)放送の「BS笑点ドラマスシャル 五代目 三遊亭圓楽」(夜7:00-8:54、BS日テレ)に出演する谷原章介、塚本高史と、六代目三遊亭円楽コメント取材に応じた。

【写真を見る】たくみな話術で会見を盛り上げる円楽に谷原章介と塚本高史もニコニコ

本作は、2017年10月に放送された「BS笑点ドラマスシャル 桂歌丸」に続くシリーズ第2弾で、国民的長寿番組「笑点」(毎週日曜昼5:30-夜6:00、日本テレビ系)の現在の番組スタイルを作ったといわれる五代目三遊亭圓楽の人生を、谷原主演でドラマ化したもの。

仲間たちとの出会いや妻との恋物語、「笑点」誕生秘話など、彼が落語の世界に飛び込んでからの波瀾万丈な人生を描いている。劇中で、塚本は三遊亭楽太郎(後の六代目三遊亭円楽)を演じ、円楽は語りを担当している。

完成したドラマを見た感想を聞かれ、谷原は「前作では“『笑点』が始まるよ!”というところで終わったので、今回は『笑点』で色の着物を着た方たちが並んだ画面を見ることができ、僕自身も出演していますが『やっと(笑点を)見られたな』と思いました」と、シリーズの進展の喜びを明かした。

一方、円楽は「捏造(ねつぞう)です(笑)」と一言。「脚本の人がうまくエピソードを取り入れて、うまく仕上げてくれたなと」と“円楽流”の褒め言葉でまずは笑いを誘ったが、「楽しく見させていただきましたし、落語を扱っているだけに自分の思い出と重なり、涙ぐむ場面もありました」と、感慨深げな様子も見せた。

■ 塚本高史、演じた役の本人を前に「緊張します」

塚本は、「率直に面白かったですね。小さいころから当たり前に見ていた『笑点』がどのようにしてできて、そこにはどんな人たちが携わって、どういう経緯でできたのか、知ることができました」と感想を。

しかし、自分が演じた本人である円楽を目の前に、「(初対面で)緊張します。これまでも実在する方を演じたことはあるんですけど、こういうふうにPRの場で本人さまと一緒になることは初めてなので(笑)、どう師匠に映っていたのかと心配でしかないですね」と言い、不安げな表情に。

そんな塚本に円楽は「いい男の塚本さんが演じてくれて、私の株が上がったのではないかと思います。とてもうれしかったです」とニコニコ

だが「ただ一つ! 私は師匠(五代目三遊亭圓楽)に小言を言ったことはあります。ありますけど、あんなにきつくいったことはないです!」と劇中での師弟の姿にツッコミを。それを聞き、塚本も「捏造(ねつぞう)ですね」と笑っていた。

谷原章介の“圓楽ぶり”を、円楽が絶賛!

役作りについて聞かれた谷原は、昔の「笑点」の映像を見て役作りを行ったことを明かし「外見的な意識はしませんでしたが、高座に上がるときの歩き方や座るときの所作を意識しました」と告白。

そんな谷原の“圓楽ぶり”に円楽は「いい感じのうちの師匠の面差しもあり、芝居ももちろんプロですからお上手でした。ちゃんと師匠のことを聞いてきちんとデフォルメしてくれたな、という感じ」と絶賛。

続けて「持ち役になったんじゃない?」とほほ笑みかけると、谷原は「ありがとうございます!」と恐縮しつつも、喜びをにじませていた。(ザテレビジョン

「BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽」の会見に出席した塚本高史、谷原章介、六代目三遊亭円楽(写真左から)