米テレビドラマ「ARROW/アロー」「THE FLASHフラッシュ」などのクロスオーバーに初登場したバットウーマンを主人公にしたドラマパイロット版製作が、正式に決定したとDeadlineなどが報じた。

 バットウーマンには再びルビー・ローズがふんするとのこと。本音を率直に語り、社会正義をもたらすことに情熱を燃やす、レズビアンケイトケインルビー)がバットウーマンとなってゴッサムにやってくる設定。高度な訓練を受けたストリートファイターの彼女は、退廃している街にはびこる犯罪者をかぎ分けて戦うが、ヒーローと呼ばれるには自分の中に抱える問題が多く、彼女自身、乗り越えなければならない課題もあるという。実写版スーパーヒーローテレビシリーズ主人公同性愛者なのは初だという。

 クロスオーバーでは、ゴッサムシティにバットマンは存在するが、3年ほど行方不明で、その間、従妹のケイトがあるじ不在のウェイタワーに住んでいるという設定になっていた。パイロット版の脚本は「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のキャロラインドライスが執筆し、「ゲーム・オブ・スローンズ」「ARROW/アロー」「THE FLASHフラッシュ」などで知られるデヴィッド・ナッターが監督を務める。(澤田理沙)

バットウーマン役のルビー・ローズ - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images