今年下半期にローンチするディズニーの動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)」向けに制作される、マーベル・シネマティック・ユニバースを題材にしたドラマ「ザ・ヴィジョン・アンド・スカーレットウィッチ(原題)」の制作総指揮が決定した。米ハリウッド・レポーターが報じている。

同作は、テレキネシス能力を持つスカーレットウィッチことワンダマキシモフと人造人間ヴィジョンを題材にしたドラマで、映画同様、エリザベス・オルセンとポール・ベタニーがそれぞれのキャラクターを演じる。ふたりは「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」で初登場し、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」を経て、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」では恋人になっている。ドラマ版は、今春公開の「アベンジャーズ エンドゲーム」の後が舞台になるものと思われる。

そしてこのほど、ブリー・ラーソン主演のマーベル最新作「キャプテンマーベル」の脚本を執筆したジャック・シェイファーが制作総指揮に決定。パイロット版の脚本を執筆するほか、ショーランナーとして脚本家チームを率いる。

シェイファーは、短編アニメアナと雪の女王 家族の思い出」の脚本を手がけたのち、「キャプテンマーベル」を経て、今年下半期クランクイン予定のスカーレットヨハンソン主演映画「ブラックウィドウ(原題)」の脚本を執筆している。

なおマーベル・スタジオは、Disney+向けにトム・ヒドルストン演じる人気悪役のロキを主人公にしたドラマや、ファルコン(アンソニーマッキー)とウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)のふたりを題材にしたドラマも準備中と言われている。

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」より