■車検対応プレート風のタグ付き。今年は4色から選べるゾ

チューニングといえばマフラー交換」というのは、その第一歩として長年親しまれてきた手法。様々な規制により合法チューンの象徴ともなったスポーツマフラーは、いまどきのチューニングでも見逃せません。そんなスポーツマフラーの老舗ブランドのひとつといえるのが「FUJITSUBO」ブランドで知られる藤壺技研工業です。

東京オートサロン2019でも同社のブースは、いつもの西ホールにあります。そして、そんなFUJITSUBOブースの展示を眺めていると、「あれ?」と目が留まります。ピカピカに磨かれたステンレススポーツマフラーと並んで、なんとも柔らかそうな素材の”マフラー”が飾られているのでした。

詳細画像はこちら

そうです、いわゆるニットマフラーです。大昔から「プレゼントに手編みのマフラー(首を暖める方)をもらったけれど、本当は手曲げのマフラーバイククルマにつける方)が欲しかった」というジョークがありますが、老舗中の老舗であるFUJITSUBOが、そんなジョークを現実としているのでした。車検対応を示すプレートを模したタグまでこだわっているほどです。

2018年の東京オートサロンから販売を開始したというFUJITSUBOのマフラーニットスカーフ)のお値段は税込み6,000円。カラーは、チャコールグレイワインレッドブラウンピンクの4色。もちろん、その場で装着して持ち帰り可能です。

詳細画像はこちら

(山本晋也)

【東京オートサロン2019】今年も「お持ち帰り」できるマフラーが買える、FUJITSUBOのブース(http://clicccar.com/2019/01/12/682554/)