【元記事をASCII.jpで読む】

ついに実現! 折り曲がるスマホ

 世界初の「曲げられるディスプレー」を採用したスマートフォン「FlexPai」が、CES 2019のRoyoleブースに展示されていました。昨年(2018年10月に北京で発表されたFlexPaiは、あまり名前の知られていないメーカーが生み出した世界初の製品ということもあり、大きな注目を集めています。しかも展示されていた製品は試作品ではなく、現在中国で発売している実際の製品とのことです。

 FlexPaiは開いた状態では7.8型(1920x1440ドット)のディスプレーで、一般的なタブレットのように使えます。本体の左側はベゼルの幅が太くなっており、この上部にカメラを内蔵しています。サイズは190.35×134x7.6mm、重量320gと、このサイズタブレットとしては一般的な大きさではないでしょうか。

 左側のベゼル幅が太いものの、ここに指をかけられるので片手でも持ちやすいと感じました。もちろん縦向きにして使うことも可能です。OSはAndroid 9.0ですがUIをカスタマイズした独自の「Water OS 1.0」を搭載しています。

 カメラ2000万画素と1600万画素のデュアル。背面にカメラは無く、この2つのカメラは本体を折り曲げると、使うディスプレーの向きによってリアカメラとしてもフロントカメラとしても使うことができます。

折り曲がること以外は
スマホの流行の機能を搭載

 背面は光沢感を強めた仕上げですが、濃紺系の色合いは落ち着いたイメージ。本体真ん中は折り曲げるために蛇腹状の硬質ゴム素材になっています。なお、左側には製品のロゴとRoyoleメーカー名がプリントされています。

 外部コネクターUSB Type-CSIMトレイはデュアルSIM仕様でDSDSに対応します。折りたたんだときは2枚のSIMがそれぞれの面で独立して動かすことも可能とのこと。つまり2台のスマートフォンを裏と表に張り合わせたように、通信回線を別々に利用できるそうです。

 ヒンジ部分の折り曲げは20万回のテストクリアしています。1日100回折り曲げても5年以上持つ計算です。

実際に折り曲げてみると
動きはとてもスムース

 では実際に折り曲げてみましょう。最初の折り曲げ時は若干力を入れる必要がありますが、そのあとはスムースに折り曲げることができます。

 そしてある程度折り曲げると、画面が2つに分割された表示になります。折り曲げの角度は自由に調整できるので、たとえばハの時に開いて立てればスタンドのようになり、動画や写真を見やすいスタイルで使うことができます。

 ヒンジ部分を左にして手に持つと、4.3型(1440x810ドット)、縦横比16:9ディスプレーとなります。ヒンジ部分と裏側の部分はタッチ操作が無効となります。また、ヒンジ部分にはよく使うアプリを登録できるランチャーとしての利用も可能。

 ヒンジ部分を180度曲げても完全に折り曲がるのではなく、ある程度の余裕が必要となります。そのためヒンジ側にはどうしてもすき間が空いてしまいます。ですがヒンジ部分がカーブしていることもあってか実際に持ってみるとそれほど違和感はなく、個人的には持ちにくいとまでは感じません。

スマホの向きなどで使えるカメラが変わる

 そして反対側の画面を表に向けると自動的に表示が切り替わり、解像度1440x720ドット、縦横比18:9の最近のスマートフォンによくあるアスペクト比の表示となります。このあたりの表、裏の2画面の作り分けはなかなかうまくできていますね。また、折り曲げたときのヒンジ部分も独立したディスプレー表示となり、こちらは解像度1440x390ドット、21:6の表示となります。

 カメラは18:9側の画面を使えばセルフィモードに、16:9側の画面を使えば普通のスマートフォンメインカメラとして使えます。カメラモードは「写真」「動画」「ポートレート」の3つを搭載しているようです。

 さて、RoyoleのブースにはこのFlexPaiとセットで使いたくなる、フレキシブルキーボードも展示されていました。透明な薄膜で筒状の本体から手で引き出して使います。

 本体のボタンを押すとキーボードがモーターで巻き取られ収納されます。このまま胸ポケットに入れて持ち運べる大きさでもあるので、FlexPaiとセットで使いたいものです。

 折り曲げたり開いたり、あるいは途中で開くのを止めたりと、3つのスタイル+両面を合わせて4つのフォームで使えるFlexPai。このディスプレーを活かすアプリサービスが出てくればより面白い使い方もできるでしょう。10万円を超える価格がネックですが、ぜひとも普段使いしてみたいものです。

世界初! 中国メーカーによる折れ曲がるスマホ「FlexPai」のインパクト