個性あるスタイルホテルゲストハウスが続々登場している京都。長い歴史と豊かな文化に育まれた京都では、情緒あふれる町家宿ステイもオススメ。今回は一人旅でも気軽に利用できる「京旅籠むげん」をご紹介しましょう。

情緒ある西陣に佇む町家宿

西陣織の生産地として知られ、昔懐かしい雰囲気も漂う西陣エリア。閑静な住宅街の一角に「京旅籠むげん」はあります。



扉を開けると和の風情溢れるフロント。歴史ある調度品が配され趣たっぷり。



元呉服屋だった町家を2年もかけてリノベーションしたという京旅籠むげんは、古き良き伝統と新しさが調和。虫籠窓(むしこまど)からやさしい日差しが差し込みます。




1階は中庭が眺められるダイニングスペース。木の風合いをいかした柔らかな家具が寛ぎの空間を演出。



チェックイン後にはウェルカムスイーツおもてなし手作りわらび餅に心もほっこり和みます。

様々な趣のある5つの客室


モダンな洋室タイプから和室までコンセプトの異なる5部屋を用意。こちらはひとり旅にもピッタリなお一人様専用の客室。ロフトスタイルなのでゆったりとした雰囲気。



窓際テーブルの下は掘りごたつとなっており、書き物をする時などにも便利です。



全ての客室には専用の洗面台、お手洗い、シャワーブースが備わっているので、プライベート感を大切にしたい人にもうれしいところ。モダンでお洒落なデザインステイを一層快適に。

心癒される京町家の中庭


河原イメージしたという中庭。縁側に座って静かにこの景色を楽しむこともできますよ。



宿泊者にはコーヒーやお茶がサービスで提供。いつも傍にはクッキー和菓子が。まるで友人や親戚のお家に遊びにきたようなアットホームおもてなしを感じられます。

ひとり旅でも気軽に楽しめるバーも併設


京都の町家ならではの、離れの蔵を利用した「蔵bar」。



バーには京都に所縁あるアーティストの作品も展示。宿泊者のみ利用可能なので、落ち着いて過ごせるのも魅力です。

手作りのおばんざいにほっこり


西京焼きや季節の素材が使われたおばんざいの朝食(700円)。かまどで炊いたご飯はふっくらもちもち!丁寧に作られたお料理は幸せな1日のはじまりに。

京旅籠むげんの宿泊費は一泊13,800円から(素泊まり、一人利用時)。次の旅ではアットホームおもてなしが心地いい町家宿で、特別なひと時を満喫してみてはいかがでしょうか?

 
京旅籠むげん
http://kyoto-machiya-ryokan.com
京都市上京区黒門通上長者町下ル北小大門町548-1
075-366-3206




[All photos by Nao]
Do not use images without permission.