高橋大輔モデルプレス=1月12日フィギュアスケート高橋大輔選手が12日、都内で行われたイベントに参加した。

【さらに写真を見る】高橋大輔、現役復帰を発表 32歳の決断…理由は?

第87回全日本フィギュアスケート選手権で準優勝した高橋選手。「7月1日に現役復帰を発表した時には、表彰台に上がれるとは思っていませんでした」と自身も驚きで「沢山の方に応援してもらって、温かく見守ってもらえて、恩返しできたときもあれば恩返しできなかった時もあったけれど、充実した期間を過ごすことができました」と嬉しそうに振り返った。

また、2019年の目標については「あまり考えていなくて、昨年末の全日本フィギュア選手権までが大きな目標で、年が明けて次は何を頑張ろうかというところ」としつつ、「現役を辞めることはなくて、滑り続けることができるまで、全力で演技できるようにしていくことが目標。どんな場面でも最高のパフォーマンスをできるようにする」と現役続行の意向。プライベートについては「プライベートは充実しているので、このまま充実した生活が送れれば」と話した。

高橋大輔、マンションコーディネートに挑戦

なお、イベントでは、4月に浅草に完成予定の13階建てマンションのトータルコーディネートに初挑戦。4回転ジャンプ成功とマンション完成、どちらが嬉しいかを問われると「今の段階ではマンションが完成して披露をして評価を得ていないので…今の段階では4回転が嬉しい」と笑顔をみせ、「ただマンションが完成して評価を得られたら、4回転ジャンプ成功より嬉しいかも」と語った。(modelpress編集部)


Not Sponsored 記事】

高橋大輔(C)モデルプレス